着回し・悩み解決! Fashion

ファッションセンスの「ある人」「ない人」の特徴。磨き方のコツとは?【メンズ】

更新日:

「一芸に秀でる者は多芸に通ずる」この言葉って深いですよね...

 

センスのある人って仕事・ファッション何をやらせても「センス」があるんですよ。

 

撫で髪くん
今回はセンスの中でも洋服。実際にファッションセンスは生まれ持ったものなのか?結論ファッションセンスが自分で磨く事ができます。センスを磨いて誰からも憧れるオシャレさんになりましょう!

 

スポンサーリンク

 

ファッションセンスの「ある人」「ない人」の特徴。磨き方のコツとは?【メンズ】

1.ファッションセンスあると褒められると嬉しい

「○○さんってファッションセンス良いですね」

 

この言葉ってめちゃくちゃ嬉しくないですか?

他にもかけられて嬉しい言葉はありますが、洋服好きな人にとってこれ以上ない褒め言葉だと思います。

 

癒しちゃん
特に女性から褒められると言う事は「あなたに興味があり」服装を見てくれている傾向にあります。

 

相手が自分の服装を褒めてくれた時の心理

①洋服のことが単純に好き

②あなたの事に興味を持ってくれている

③どうにか自分の関心を向けようとしている

 

 

2.ファッションセンスが「ある人」の特徴とは?

step
1
自分に似合う服がわかってる

洋服に対して向き合っていると、流行に流されず自分にあっているか判断できます。

 

センスの良い人ほど自分のコンプレックスを理解しており、マイナス面をカバーしコーデするように心がけている事が多いです。

 

正直最初はわからない人も多いと思いますが「気の知れた友人にズバッと言ってもらう」や「店員さんに本音で言ってもらい」聞いてもらうのも手ですね。

その繰り返しが自身のセンスを磨く事になります。

 

 

step
2
バランスの良いコーディネートが組める

洋服選びは一つのアイテムだけでなく、複数のアイテムの組み合わせで作られます。

一つ一つのアイテムがオシャレでも合わせた際の「バランス」が良くないとお世辞にもセンスがあるとは言えません。

 

TPOに合わせて、アクセサリーや小物などを選んだり色・柄に加え「シルエット」を意識して洋服を選びましょう。

 

参考

オシャレに見える為に「I・Y・A・O」4つのシルエットを理解しましょう!

 

 

step
3
迷ったら買わない

洋服の量がセンスに比例する事は決してございません。

むしろセンスのある人は少ない洋服でオシャレに見せるテクニックがあるように感じます。

 

特に「自分に似合う」が分かっているので、滅多に物を買わずクローゼットと相談して洋服を買い足す傾向にあります。

そのためクローゼットがスッキリしており、必要な物を購入する“クセ”が付いてるので買い物も一人で行く人が多いですね。

 

 

 

step
4
整理整頓・断捨離ができている

センスの良い人はクローゼットがスッキリしていると言う話を前節でしましたが、なぜスッキリしているのか?

それは1年以上着ない服は処分(リサイクル)するや、一枚買ったら一枚処分する(売る)など自分ルールがあります。

 

 

 

step
5
見えない所もオシャレを気をつけている

センスの良い人程トップスやボトムスなど「見える部分」だけでなく、ソックスやアクセサリー・インナーなど「見えない部分」に力が入れている傾向にあります。

 

いくらセンスの良い人でもコーデの組み合わせが難しい...と感じるアイテムでも小物などを付け足す事で、コーディネートがまとまって見せる事ができます。

 

特に男性は下着などは見えないから良いや..と思っていたらNGです!見えない所に気を配り常にオシャレな物を身にまとっている意識を持ちましょう。

 

 

step
6
良いものを長年使ってる

センスが良い人ほど、シンプルでベーシックなアイテムをコーデに取り入れ、長い期間大切に愛用している人が多いんです。

また今流行りの「ファストファッション」などでは買わず、クローゼットと想像して良いアイテムを足していってます。

 

いくら良いものでも自分の系統にあっている事は大前提です。使い道がなくては意味がないですからね。

 

 

step
7
オシャレな人を観察してる

これは私が良く取り入れている事なんですが「街の人・オシャレな人を観察する事です」

 

良いブランドを見つけるコツは何ですか?と良く質問をいただくのですが、街中で着ている人を見つけて自分で調べる→試着・購入するが流れです。

 

 

step
8
流行の意味を理解してる

今年の流行は「ワイドパンツです」←よしこれが流行だ!

と信じてしまっている人がいたら残念です。

 

流行とは→「流されて行かない」誰かが決めたトレンドではなく、自身のコーデを貫き抜いた先に流行が生まれるのです。

結局誰かが言ったトレンドアイテムを購入しても、似合わなかったら意味がありません。自分の中で考えて購入しましょう。

 

 

step
9
自分らしさを重視してる

センスがいい人は、雑誌の真似をしたり、ただ単にトレンドアイテムを取り入れるだけではなく、「自分らしさ」が備わっているのです。

 

センスがいい人ほど、ここだけは譲れない!といったポイントやこだわりがあります。トレンドを取り入れた流行ファッションの中にも自分らしさがあり、ワンランク上のオシャレを楽しむことができるよう。

 

真似だけではない自分らしさというのは、ぜひ身につけたいものですよね!

 

スポンサーリンク

 

3.ファッションセンスが「ない人」の特徴とは?

step
1
自分を俯瞰でみることができない

センスがない人の一番の特徴として「自分に似合っていない服を身に着ける」があげられます。

センスの良い人は自分を俯瞰でみることができ、悪い人は客観的にみることができてないので、似合う似合わないの判断をすることができません。

 

 

step
2
洋服に対してこだわりがない

私にも相談が多いケースとして一番多いのが「洋服に対してこだわりがない」何となくオシャレに見えれば良いやと考えている人です。

今はSNSやyoutubeなどで洋服の情報を沢山見る事ができますが、センスのない人程「インフルエンサー」の言いなりになって洋服を選んでいます。

 

 

step
3
センスを磨こうとしない

センスがない人は、自分はセンスがないと思い込んでセンスを磨こうとしておりません。

センスのある人も最初からセンスがあった訳ではありません。センスを磨く努力をし続けているのです。

 

向上心を持ってセンス磨きに興味を持てば、少しづつセンスも良くなります。

途中磨き方がわからずに諦めてしまう人。次の章で磨き方を学んでいきましょう。

 

 

4.ファッションセンスの磨き方

step
1
センスの良い人と接触する機会を増やす

センスの磨き方で一番オススメはセンスの良い人と付き合う事ですね。

「周りにセンスの良い人なんていないよ」と言われると思いますが、いろんな洋服屋さんなどに行き、センスの良い店員を見つけるのも手だと思います。

 

身近にいるのが良いですが、私も実際に毎週いろんな洋服屋さんに出向いたり、身近に関わる人は独自の世界観があり刺激をもらえてます。

そういう人の話を聞くことから始めるだけでも、センス磨きのヒントを得る事ができるかもしれません。

 

 

step
2
センスが良い人の真似をしてみる

真似をしてみるというと言葉が悪く感じるかもしれませんが、取り入れてみると考えてください。

洋服の着こなしでもそうですが、まずは真似してセンスのセオリーを取り入れつつ、それをベースに考えます。

 

だんだん真似だけでは物足りなくなり、築いたベースに独自性のある着こなしができるようになります。

 

 

step
3
雑誌・インスタなどのメディアの情報を得る

インスタグラムで情報収集するのはメンズの定番ではありますが、雑誌もまだまだ捨てたものではありません。

 

オススメは男性は女性誌を読んでみる事です。

※もちろんメイクなどは深読みする必要はありません。

 

実際に男性より女性の方がオシャレに関心が高く、雑誌の量も女性誌の方が沢山あります。

男性誌と女性誌を比べると、女性誌の方が流行の取り入れが早かったりするので、その情報を男性が落とし込むと面白いです。

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回はファッションセンスのある人・ない人、磨き方のコツをお話しさせていただきました。

他にも質問したい、洋服のお悩みもLINEでお答えしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「洋服で相談できる人がいない…」
「自分に似合う服が分からない」
「何よりオシャレになりたい!」

など、悩んだらまず相談!洋服・体型に関する悩みを相談ができるサービスをやっています。あなたの悩みを一緒に解決します!

 

毎日届く「あなたをオシャレに導く365のメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

LINEで19:00に届きます♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-着回し・悩み解決!, Fashion
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.