年代別コーディネート

【2022年最新】50代男性のファッションは「カジュアル」か「ちょいワル」を意識しましょう。

更新日:

50代になると「オシャレな人」「オシャレではない人」の差がはっきりと出てしまい、おじさん感が強い人が大半だと思います。

 

しかし年相応の格好をしていれば、経済的にも余裕があるので女性からも人気な“モテおじさん”になれるのです。

撫で髪くん
そんな50代だからこそできる、男の色気を感じさせるようなコーデはもちろんの事オススメのブランドも紹介していきます♪

 

スポンサーリンク

 

【2022年最新】50代男性のファッションは「カジュアル」か「ちょいワル」を意識しましょう。

1.50代男性がオシャレになるため3つのポイント!

step
1
特に意識すべき清潔感あるファッション

女性が男性のファッションで一番気にしてるのが、清潔感があるかどうかです。

 

シワになっていたり黄ばんでいる、などは論外でくたびれた服も着るのは避けた方がよいでしょう。

 

清潔感を出すためのポイントとして大切なのは、色味とシルエット。色味は白やベージュ系、ブルーなどが清潔感のある色とされております。

 

次に大事なのがシルエット、年齢を重ねるにつれて体型がくずれてしまうのは仕方がない事。

 

撫で髪くん
そこで無理して細身のアイテムや、自分の体型にあってないサイズを選ぶより、体型カバーをしてくれるアイテムでコーディネートする事が大切になります。

 

step
2
50代だからこそ攻めのファッション!無難にまとめすぎるのはNG

50代の洋服選びでどうしても無地のアイテムや、ベーシックなシルエットのアイテムを選びがちになってしまいがち。

 

ポイント

しかし無難なアイテムばかり選んでしまうと逆に おじさん感 がでてしまい、オシャレなファッションからはかけ離れてしまいます。

 

そこで50代だからこそ 柄物 のアイテムをコーデに取り入れる事で、若々しさに加えてトレンド感も加える事ができます。

 

その他にもスポーツ素材など異素材のアイテムでコーディネートを組む事で、アクティブな印象を与えるなど守りに入りすぎないのがポイントです。

 

癒しちゃん
50代は社会経験を積み重ね、仕事にも一家言持つようになり、細身の20代30代にはない男の貫録や渋さが魅力となってきます。

 

step
3
上質な素材のアイテムで見た目からのインパクトを大切にする

着用アイテム

ITEM    :ウォッシャブルライトジャケット

癒しちゃん
ウォッシャブルなんで汗をかいても安心ね♫

若い頃はトレンドアイテムやファストファッションのアイテムばかり購入し、質より量を意識して購入してたと思います。

 

この年代になると、ある程度洋服の趣味などがはっきりしてきます。

 

そんな50代だからこそ、素材にこだわる。ジャケットひとつ取っても、黒なら素材感がわかりにくいですが、色物は安い素材だと分かってしまいます。

 

撫で髪くん
また季節に合わせて素材を選ぶ事で、洋服の知識量もある大人の男性感を漂わせましょう。

 

 

2.50代にオススメのアイテムと着こなしのコツ

年齢を重ねるにつれ、似合うアイテムと着こなし方が分からなくなった...そんな時こそカジュアルになりすぎないよう注意!素材感やシルエットに気を付けてアイテムを選ぶ事でしっくり決まるかも...!

 

step
1
Tシャツ

一枚1000円で買えるTシャツとと1万円近くする差とは?

 

ブランドネームもありますが、素材の違いが大きい場合があります。

同じ半袖のTシャツで同じシルエットだとしても、上質な素材なら上品なイメージに仕上げてくます。

 

撫で髪くん
50代の男性が着るTシャツはカジュアルすぎず、上品に見える生地を選ぶのがオススメです

 

 

step
2
シャツ

着用アイテム

ITEM    :シアサッカーCOOLMAXシャツ長袖

決まらないシャツスタイルはロング丈&ビッグシルエットでこなれて見せる!

 

50代のシャツコーデはビッグシルエットと丈長めで大胆に着くずすぐらいがこなれて見せるコツです。

シンプルなテーパードパンツと合わせて、洗練された都会の雰囲気を感じさせてくれます。

 

step
3
ジャケット

黒ジャケットは、働く男性の必須アイテム。テレワークになっても需要が高まったアイテムです。

 

ジャケットはデザインだけでなく、動きやすさ着心地の良さが求められるようになりました。

ストレッチ性があり、洗濯可能でお手入れも簡単のジャケットなら、普段着つかいできるアイテムです。

 

3.50代メンズのNGファッションとは?

若い女の子が50代男性に対するイメージで、必ず上位にランクインするのが“加齢臭”がしそうや“初老”などマイナスなイメージばかりです。ただどれも見た目でのイメージによるもの。これを改善すれば、イケてる親父こそ“イケオジ”になる事が出来るのです。

3-1.清潔感がない格好は避けましょう!

清潔感ある服装と言ってすぐに思い浮かばない人も多いと思います。

いくら高い洋服やトレンドのアイテムを購入しても、清潔感の定義を理解してないと、残念なおじさんになってしまうかも。

 

私がオススメの「清潔感」あるスタイルは、普通服を“意識して上品に着こなす”。意識するポイントとしては

 

・サイズが自分に合っているものを選ぶ

・洋服のシワはしっかりとアイロン等でケアする

・袖や首元まで汚れがない事

・何度も着て痛んでませんか?

・臭いは大丈夫ですか?部屋干し臭や過度な柔軟剤の使いすぎもNGです。

 

それを踏まえてオススメのコーディネートはこちら!

見た目からも清潔感あるブルーのブルゾンに、白のパンツを合わせて爽やかなスタイルに。

季節感を感じさせてくれる、ボーダー柄のシャツと合わせて、若々しさもプラスしましょう!

 

3-2.モテようと20代・30代と同じような格好をしてしまう

若い頃のファッションと言えば、ブランド物で全身を固めたり、派手なデザイン・柄アイテムを多用するなど、目立つことを意識しちゃいましたよね。

 

ただ若い頃は似合っていたアイテムも、歳を重ねる毎に似合わなくなる事がございます。

体型の変化はもちろんの事、人間の肌も加齢していきます。若い頃は化学繊維の洋服でも似合ってたけど、40代以降はウール・カシミヤ・シルクなどの天然繊維。

 

お値段にしても高価になる素材というのが似合ってきます。

 

それを踏まえてオススメのコーディネートはこちら!

 

スポンサーリンク

 

 

4.2022年「春夏秋冬別」トレンドコーディネート

4-1.50代メンズ ちょいワルファッション「春」

好感=清潔感です◎

存在感のある白シャツは年間通して重宝されます。

白シャツにベージュのチノパンは、メンズでの定番スタイルです!爽やかな印象だけでなく、清潔感も相手に与えられる事ができます。

 

私服でのジャケットスタイル気をつけるポイントは?】

ニットジャケットでサラリと羽織れるのを選びましょう。

プライベートでもテレワークでも、きちんと見えてリラックスできるニットジャケット。ストレッチ性もあり、型崩れしにくい。ご家庭で洗えるので毎日の着用もOKです!

 

4-2.50代メンズ ちょいワルファッション「夏」

清涼感&清潔感のあるファッションで雰囲気をつくりましょう

リラックス感と清涼感あるシアサッカー素材のシャツです。汗をかいてもベタつかず...まさに夏のお助けアイテムになってくれる夏シャツを使ったコーデ。

ボトムスでカーキのパンツと合わせて、ミリタリー感をプラスした大人スタイルです。

着用アイテム

ITEM    :コットンサッカー半袖シャツ

 

 

【リネン混で軽く・涼しく清潔】

夏の定番でもある“シアサッカー生地”に、リネンをブレンドした事で清涼感アップ。一枚で着ても、サマになるように、前立てや脇・ポケットまできちんと柄合わせ!

チェックやストライプの柄を、サイド・ポケットできれいに合わせるなど、細かい所までこだわりが◎

着用アイテム

ITEM    :リネンシアサッカー半袖

 

4-3.50代メンズ ちょいワルファッション「秋」

大人のMA-1スタイルでアクティブな休日を

MA-1は若者だけが着る概念は払拭しましょう。ショート丈のMA-1でしっかりヒップをだして、足長効果も◎

シックな色味を選ぶ事で、大人のカジュアルスタイルが完成します。

 

質感も本格的...ふっくらカーディガンならリラックスした着心地に】

ショールカラーの襟が柔らかい雰囲気を演出してくれます。

驚きの軽さと伸縮性、おうちのリラックス時間はもちろんお出かけの際も◎きちんと見えパンツと合わせたら、コーデに上品さも加わります。

 

4-4.50代メンズ ちょいワルファッション「冬」

スマートに見えて冬アウターなのです

中綿入りなので冬のアウターとしても重宝されます。ミドル丈のコートは、合わせるボトムスの幅も広がるだけでなす、体型カバーにも繋がります。

無地のアウターだからこそ、インナーでチェックシャツと合わせて若々しさをプラスしましょう。

着用アイテム
ITEM    :中綿ポケッタブル・コート

 

スポンサーリンク

 

5.結論:50代のメンズファッションは「カジュアル」か「ちょいワル」で良い!

5-1.清潔感/普通服/カジュアルで作る50代のファッション

大人のワークスタイル】

キレイめなアイテムと合わせて、キレイめカジュアルスタイルに仕上げましょう。カジュアルなシャツも、ただ羽織るだけだと子供っぽい印象を与えてしまいます。

そんな時は足元をキレイめなアイテムで合わせる事で、カジュアルとキレイめのバランスが良くなります。

 

オフィスカジュアルスタイル】

適度にカジュアルなアイテムを取り入れて抜け感あるスタイルに。ジャケットはインナーをカジュアルなアイテムにする事で、印象をガラッと変える事ができます。

ネイビーと相性の良いグレーのアイテムを上手く取り入れてる点も◎

 

大人の重ね着はやりすぎないのが重要】

ニットからのチラ見せがオシャレですね。ニットから見せるシャツの裾は、23cmが大人にはちょうどいい。

秋~初冬まで。本格的な冬を迎えても、アウターを脱いだ際のオシャレを楽しめます。

 

カラーニットで秋を演出】

テラコッタカラーのニットが秋の装いに。ニット+シャツでキレイめにまとめたら、ソックスのチョイ見せでカジュアルな要素もプラス。

インナーのシャツとソックスは色味を合わせることで、コーデのアクセントになります。

 

5-2.ちょいワル服/個性服/フォーマルで作る50代のファッション

普段のカットソースタイルに一工夫】

首元にストールを巻けば洒落感がアップしますね。浅いVネックのシャツは、首元のオシャレを楽しめます。

全体の色味がぐちゃぐちゃにならないように、ボトムスと同系色で合わせてます。

着用アイテム

ITEM    :リネン混スラブパイル浅Vネック

 

デニムを使ったカジュアルスタイル】

腰に巻いたシャツがコーデのアクセントに。Tシャツにデニムパンツだと、カジュアルな雰囲気になりがちですが、1点コーデに上品なシャツを取り入れる事で、年相応なスタイルに仕上がります。

丁度ヒップにかからない丈にTシャツを合わせる事で、スタイルUP効果も期待できます!

着用アイテム

ITEM    :チェック柄ジャガード編半袖T

 

楽してオシャレが1番◎】

マイナス面が多かったポロシャツスタイルも、素敵に見えるコーディネートです。肉厚の鹿の子素材を使ったポロシャツは、上半身のマイナス面をカバーしてくれます。

ボトムスと色味を合わせる事でコーデがまとまり、カジュアルとキレイめのバランスが取れたスタイルに仕上がってます。

着用アイテム

ITEM    :コットン鹿の子ポロボーダー

 

マドラスシャツで初夏を楽しむ】

ほんのり秋色のシャツは、真夏から初秋まで長く活躍してくれます。派手すぎない淡い色味のチェックシャツは、白のパンツと合わせたナチュラルさが◎

カジュアルな色味の中にも、上品な雰囲気を感じせるスタイリングです。

着用アイテム

ITEM    :リネン混マドラス半袖プルオーバー

 

【しっかりと三首見せを意識】

首・足首・手首を見せる事でスタイルが良く見えます。長袖のシャツも腕まくりして、ラフな印象をプラス◎

リネンの生地は、日光に当たると光沢感が出るので、よりラグジュアリーな雰囲気に。

着用アイテム

ITEM    :リネンシャンブレーシャツ長袖

 

風通しの良さで真夏を乗り切る】

色味だけでなく、清涼感あるリネン素材のシャツコーデです。コーデを一気に大人の雰囲気に仕上げてくれる白パンツ。

サックスブルーのシャツと合わせれば、清潔感ある大人スタイルに仕上がります。

 

鮮やかなカーディガンでアクセント】

シャツやTシャツに羽織るだけでコーデが様になりますね。高品質なフランス産リネンを使ったカーディガン。

日光に当たった際に程よく光沢感が生まれるリネンは、この時期の羽織にちょうどいい。アンクル丈のパンツと合わせて、今の時期らしい涼しげなスタイリングに仕上がります。

着用アイテム

ITEM    :リネンカーディガン

 

【淡い色味のトップスはボトムスもナチュラルカラーで合わせましょう】

色のメリハリをつけすぎない事で、親しみやすい雰囲気に。コーデに変化をつけたいなら、ボトムスで濃淡をつける事をお勧めします。

淡いトップスと合わせて、顔まわりも明るくし、若々しい印象に仕上げてあります。

着用アイテム

ITEM    :リネンストレッチサファリシャツ

 

【トレンドスタイルを意識するならアウトドアMIX】

サファリシャツは機能性も◎

アフリカでの探検や狩猟を目的として生まれた、アウトドアのシャツこそサファリシャツ。両胸・両サイドに4つの機能的なポケットを配して、収納はもちろん、コーデのアクセントになります。

着用アイテム

ITEM    :リネンストレッチサファリシャツ

 

5-3.年相応が丁度いい50代のおじさんファッション

【大人カジュアルコーデ】

カジュアルなパーカーはキレイめなアイテムと合わせて大人カジュアルに。子供っぽい印象を与えがちなパーカーは、シャツや革小物など光沢感あるアイテムと合わせましょう。

スタイルアップを強調すべく縦ラインは、ストライプシャツにセンタープレス入りのボトムスで表現しましょう。

 

【大人のワイドパンツスタイル】

細身のパンツが大人っぽいイメージですが、ニットやシャツと合わせたコーデは上品な雰囲気に仕上がります。

ニットからチラ見せしたシャツも、コーデにこなれ感をプラスしてくれます。

 

【暖色コーデで優しい印象に】

アイボリーのカーディガン・ベージュのシャツの組み合わせで柔らかい印象に。穏やかな雰囲気の男性は、初対面の女性からも包容力が感じられて好感を持たれるはず。

ボトムスにシューズは黒で統一することで、コーデが引き締まって見えます。

 

【襟付きシャツでクールな印象に】

アウター感覚で着れるシャツはこれからの時期に重宝されます。ボタンを全部閉めて知的な印象を与えてますが、ボタンを空けてカジュアルに着こなしても様になります。

シャツの裾からレイヤード専用インナーをチラ見せすることで、コーデのアクセントになります。

 

【カーディガンを使ったカジュアルコーデ】

カットソーにカーディガンを合わせるだけで様になりますね。学生の頃にしたようなスタイルですが、歳を重ねた今だからこそ、無地のアイテムで揃えれば、大人っぽく見えるもの。

Vゾーンが深いからこそ、インナーのオシャレも楽しむことができます。

 

【シャツカーディガンコーデで秋に備える】

肌寒くなってきた今だからこそカーディガンを準備しましょう。普段着ているTシャツに羽織るだけで様になる優秀なアイテム。

デニムパンツをロールアップし、コーデの主役のローファーで艶っぽさをプラスしましょう。

 

【ビジネスカジュアルスタイル】

革小物の色味を揃えて統一感を出しましょう。

ボトムスを普段よりハイウエストで着こなしたスタイルは、脚長効果も期待できます。シンプルなスタイルだからこそ、シルエットで他の人と差を出しましょう。

 

【爽やかなオフィスカジュアルコーデ】

オフィスカジュアルをするときはシンプルさと好印象を意識しましょう。黒ジャケットを好む男性が多いですが、爽やかさを狙うならネイビーを選びましょう。

デニム風のスラックスでラフに着こなせば、爽やかさや&清潔感が伝わる王道スタイルの完成です。

 

【王道のジャケット×デニムコーデ】

ジャケットデニムパンツは女性が好きな男性のスタイルです。大人っぽくも親近感のあるジャケットのかっちりさとデニムのラフさがちょうどいいコーデ。

モノトーンを多めにすることで、カジュアルな印象を抑えたクールのスタイルに仕上がります。

 

【外食にはキレイめスタイルを】

顔まわりを明るくしてくれるバンドカラーののシャツには、秋カラーのカーディガンとの合わせが◎

ジャケットより上品じゃないけどカジュアルすぎないカーディガンは、これからの季節重宝されるアイテムです。

 

【柔らかい色味のニットで穏やかさをアピール】

シワになりにくいカーディガンは、仕事ではもちろんアクティブに過ごしたい休日にも◎

合わせるアイテムは革小物でまとめることで、コーデが引き締まって見えます。

 

 

6.50代メンズにおすすめのちょいワルファッションブランド

バイカーデニムが一世を風靡『BALMAIN/バルマン

バルマンとは1945年にピエール・バルマン氏がフランスで立ち上げたオートクチュールブランドです。

定価約10万するデニムがバカ売れするなど、バルマンを語る上では欠かせないデニム。

バルマン=デニムという印象もあり、ジップアップポケットやニーパッチ。リアルなダメージ加工を施したデニムパンツは、熟練した職人による作業によちリアルでハードなダメージを再現。海外のセレブが着用してた事もあり人気に火がつきました。

→公式サイトはこちら

 

ちょいワルの始まりは『DIESEL/ディーゼル』でした

DIESELとは、1978年にレンツォ・ロッソが設立されたファッションブランドです。ちょいワルイメージが強い国イタリア・モルヴェーナを拠点に活動しています。

日本でも、百貨店でよく見かけるので高級なブランドと認知されてますが、個性的で斬新なデザイン・アバンギャルドなデザイン且つ上質な仕立てによって、上品さを出すことでストリートカジュアルなスタイルを実現してくれてます。

質の良い素材使い、裁縫技術が素晴らしく、人気のデニムアイテムは時にラグジュアリーな雰囲気を醸し出してくれます。

→公式サイトはこちら

 

家中をこのブランドで揃えたい『Ron Herman/ロンハーマン

ロンハーマンはカリフォルニア発のセレクトショップです。

コンセプトには“シンプルなデザイン・特別な素材・ユニークなディティール”。カリフォルニアスタイルを背景に、リラックス感のある上質でカジュアルを提案するタイムレスなデイリーウエアを展開しております。

シンプルでオシャレな人を見つけると、ロンハーマンを着ている事はよくあります。西海岸ティストのライフスタイルに憧れている方に人気のブランドです。

→公式サイトはこちら

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回は「50代はどこで洋服を買えばいいの?」そんな声にお答えさせて頂きました

 

男性は歳を取るというより、歳を重ねるという言葉があるように、年相応にカッコ良く洋服を着こなすことができます

 

一度洋服の興味を離れてしまった人や、洋服について勉強したい方の参考になれば幸いです。

 

 

洋服好きな方必見「あなたをオシャレに導くメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

タイムラインで不定期に配信しております♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-年代別コーディネート
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.