ファッション

30代メンズ必見!“モテ”ファッションおすすめショップ9選+コーデ24選

更新日:

出典:https://vokka.jp/896

こんにちは。カメラ&ファッションの情報サイトを運営している@hisanoと申します。

 

洋服を楽しむのは若いうちだけなのか?そんなことはありません、若いうちはおしゃれにお金と時間をかけていたけど社会人になり洋服に時間をかけられなくなった・・

 

そんな声を多くの方、特に30代の男性を中心にいただきました。

 

実際に洋服を楽しめるのは若いうちだけなのか?そんな事はありません!30代には30代にしか楽しめない洋服のおしゃれがあるのです。

 

そんな洋服の着こなしに悩んでいる30代の方にスポットをあてて今回は記述していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

1.30代男性必見!この夏におしゃれになるためには?

30代になり仕事も順調でいい感じ。

 

しかしたまの休日に外出してみると、あれっ!?今日のコーディネートいけてないな・若い時はおしゃれだったのに・・など洋服の悩みが多い年頃でもあります。

体型も変化するかたが多く、休日に着ていく服がない!どんな格好をすればいいかわからない?

 

そんな悩みを抱えているかたも、おしゃれの法則に従えば大丈夫!

 

しかし洋服にかけるお金が・・そんな方もご安心を。高い服を買うことがセンスを磨かれることとは限りません。

 

それではみなさまの悩みを解決す2017年夏の最新のおしゃれスタイリング方法をレクチャーしていきます。

 

2.大人のメンズファッションで押さえるべき3つのポイント

【POINT1】大人っぽさは無地の洋服で演出!

コーデの詳細・購入はこちら

洋服の無地のデザインは大人っぽく見え、柄物やデザインが入ったものは子供っぽく見える性質がございます。

 

実年齢より若く見られがちな方や、大人っぽく見られたい方は無地のアイテムでコーディネートするだけで大人っぽく演出する事ができます。

 

【POINT2】大人っぽいスッキリとしたシルエット

コーデの詳細・購入はこちら

洋服を選ぶ際に一番気をつけて欲しいのがサイズ選び。上記のコーディネートのように細身のアイテムでまとめる事でスタイリッシュさと清潔感のあるスタイリングになります。

 

サイズ選びで迷った時は中途半端なサイズはやめて、細身に着るのかオーバーサイズに着用するのかどちらかの2択でコーディネートする事をおすすめします。

 

【POINT3】清涼感溢れる涼しげななアイテムを取り入れよう!

コーデの詳細・購入はこちら

全身をブルー系のアイテムで合わせる事で涼しげな清涼感溢れるスタイリングの完成です。

 

キャップもデニム素材のアイテムで合わせる事で、夏を感じさせ足元は今期流行中のシャワーサンダルではずしている点もおしゃれポイント。

 

3.実践編:すぐに取り入れられるオシャレの法則

 

①色味は3色までに押さえましょう

コーデの詳細・購入はこちら

色味を3色以内に抑える事で、コーディネートに統一感が生まれ全体的にバランスがとれたスタイリングになります。

 

特に無彩色(白・灰色・黒)でまとめた場合は他の色味より落ち着いた雰囲気を演出でき、夏場などは重たくなりすぎないように、ショートパンツ・サンダルなど夏のアイテムと合わせる事で夏のモノトーンコーデを楽しむ事ができます。

 

②シルエットこそもっとも力を入れるべし!

コーデの詳細・購入はこちら

色味を勉強した後は次に大事になってくるのがシルエットです。上記のようにトップスをオーバーザイズ(大きめ)に着用し、ボトムスをジャストサイズに着用するなど、シルエットで他の人と差を出しております。

 

このコーディネートはアルファベットの“Y”に似ていることから、“Yラインコーデ”といわれており、メンズのみならずレディースでのスタイリングにもよく取り入れられる、おしゃれさんには必須のスタイリング方法になっております。

 

4.若者との差別化を!30代だからこそ取り入れたいアイテムとは?

【おすすめアイテム.1】 清涼感溢れるシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

まずは夏場でもカジュアルになりすぎない方におすすめなのは“シャツ”ですね!女子が男性に来て欲しい洋服ランキングでも常に上位のアイテムは清潔感があり、女子受けはとても良いそうですね。

 

夏場ならリネンや清涼感のある素材を使ったシャツを多数出ているので、暑いのでシャツは苦手な方にもおすすめです。

 

夏専用シャツのコーディネート例

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でも涼しげな印象を与えられるブルーのシャツにショートパンツを合わせたカジュアルなスタイリング。

 

カジュアルになりすぎないためにも、足元は革靴であわせるなど、しっかりとキレイ目な要素を残しているのがポイントです。

 

【おすすめアイテム.2】 夏専用テーラードジャケット

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でもちょっとおしゃれなレストランや、夜に外出する方などにおすすめが7部袖のジャケットです。夏場のジャケットは通気性もよく、カットソー感覚で着られるので真夏のナイトシーンではマストなアイテムです。

 

ジャケットにデニムパンツが女子が一番好きなメンズのコーディネートらしいです!笑

 

テーラードジャケットのコーディネート例

コーデの詳細・購入はこちら

ジャケットにデニムパンツ。これこそメンズの王道スタイル!夏場なのでボトムスはライトブルーのデニムパンツで、ジャケットも涼しげな白でまとめているのが◎

 

そして足元も白スニーカーで軽快に。

 

【おすすめアイテム.3】 ライトブリーチデニム

コーデの詳細・購入はこちら

夏場になるとメンズ市場で爆発的な人気となり、各ブランドで売り切れになるのがライトブリーチのデニムパンツ。

 

さらに膝のダメージ加工や、切りっぱなしの裾など、すでに履き込まれたような汎用性の高いデニムパンツはこの夏の必須アイテムです!

 

ライトブリーチデニムのコーディネート例

コーデの詳細・購入はこちら

清涼感溢れるデニムパンツに、トップスも夏を感じさせるエメラルドグリーンのカットソーをIN。

 

カジュアルなスタイリングだが、大人っぽさもあり、この夏の大人カジュアルに最適なスタイリングです。

 

【おすすめアイテム.4】 ショートパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

大人のショートパンツはスウエット生地のショートパンツを選ぶべし!スウエット素材ならではの柔らかい生地感は、着用時のストレスを驚くほど軽減してくれます。

 

また綿生地などのトップスを着用することが多いと思うので、ボトムスをスウエット生地に変えるだけでコーディネートのアクセントになります。

 

ショートパンツのコーディネート例

コーデの詳細・購入はこちら

グレーのショートパンツを上手くホワイトのアイテムでまとめているので、コーディネートに統一感があります。

 

トップスのカットソーとのバランスを取るために、ショートパンツを膝上で着用するコーディネートは大人のリラックススタイル。

 

【おすすめアイテム.5】 スラックス

コーデの詳細・購入はこちら

大人のキレイめアイテムで欠かせないのがスラックスパンツ。スラックスパンツでもアンクル丈のパンツで合わせれば一気に夏の装いに。

 

ジャケットやシャツなどエレガントなアイテムと好相性◎

 

スラックスのコーディネート例

コーデの詳細・購入はこちら

コーディネートにキレイめのアイテム(シャツ・スラックス)を多く取り入れることで、知的でエレガントな雰囲気を演出。

きっちしとしたコーディネートの中にも足元の白スニーカーでの外しはお見事。

 

スポンサーリンク

5.30代に人気のメンズファッションブランド9選

低価格帯(1着平均¥1,900〜)

ブランド名:ユニクロ

トップスはユニクロ。デニムはguとプチプラブランドでまとめたコーディネート。

 

ユニクロでもシンプルで無地のアイテム>をチョイスする事でグーンと大人っぽく演出する事ができます。

 

ブランド名:SPU(スプ)

コーデの詳細・購入はこちら

キレイめからカジュアルな洋服までお手頃の価格で取り揃えているのが、セレクトショップSPU。

 

新商品のラインナップも豊富でトレンドを押さえた洋服が一度買った人の心を離さない。

 

ブランド名:D-COLECTION

コーデの詳細・購入はこちら

洋服の初心者の人でもおしゃれに!自社製品の洋服は洋服の着こなし方がわからない人の為に自社の社員がモデルになって、スタイリング方法をレクチャーしているので、迷ったらDコレクションで全身購入すれば間違いなしです。

 

中価格帯(1着平均¥5,900〜)

ブランド名:Re:Room

コーデの詳細・購入はこちら

BITTERモデルで人気の北岡伸多朗さんが立ち上げた大人気のブランド。

 

新商品が発売すれば即完売するなどいまだに人気が衰えることもなく、多くのファンがいます。

 

現在は中目黒にショップをオープンするなど手に入れる場所は増えていますが、気になったアイテムがあった場合はすぐにGETする事をおすすめします。

 

ブランド名:URBAN RESEARCH

コーデの詳細・購入はこちら

DESIGN YOUR LIFE STYLEをテーマに様々な都市をリサーチ(URBAN RESEARCH ) し、カジュアルテイストをベースに世界中からデイリーウェアーやドレス、ライフスタイル 雑貨までをセレクト。

 

20代から30代まで幅広い年代に支持されており、自社製品のアイテムは品質・デザインともによく長年使えるブランドです。

 

ブランド名:JOURNAL STANDARD

コーデの詳細・購入はこちら

1997年に、ジャーナルスタンダードは、ベイクルーズ社のセレクトショップとして設けられました。「ジャーナル」という言葉は新聞という意味であり、新しい商品を新聞の情報のように多くの人に提供したいという気持ちが込められています。

 

カジュアルなアメリカン雰囲気なアイテムを多く取り揃えており、様々なラインナップからどの年代も楽しめる商品が多数あります*

 

高価格(1着平均¥10,000〜)

ブランド名:TORNADO MART

コーデの詳細・購入はこちら

ボトムスなど特に凝ったデザインのアイテムを多数リリースしており、デニムパンツのヒゲ加工(シワ)デニムの先駆け的なブランドです。

 

凝ったデザインのアイテムが多いことから、若い時から長年トルマファンの方も多いことから、街中でも30代の男性を含め多くトルネードマートの洋服を着ている方を見かけます*

 

ブランド名:GUILD PRIME

コーデの詳細・購入はこちら

ハイブランドのイメージが強いGUILD PRIMEは多くの若者の憧れのブランドの一つ。高価な商品が多い為20代後半ぐらいからやっと手に入れることができるようになった人も多いはず。

 

キレイめ・エレガント・ミュージシャンなど細身でかっこいいテイストのアイテムが好きな方におすすめのブランドです。

 

ブランド名:glamb(グラム)

コーデの詳細・購入はこちら

毎年すこし癖のあるデザインのアイテムをリリースし、ファンを飽きさせないのが同ブランドの魅力。

 

一枚でコーディネートが完成してしまうほどインパクトのあるデザインの同ブランドは一度着用すれば癖になること間違いなしです!

 

6.30代メンズファッションコーディネート24選

6-1.夏場こそデニムシャツを肩がけで

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルな夏のコーディネートにオススメなのが、長袖のシャツなど軽い羽織ものをコーディネートに取り入れることです。

 

その場合そのまま着てしまうと、暑苦しくなってしまうので、トレンドの肩かけなどしてさりげなくコーディネートに取り入れてみよう!

 

6-2.人気のジョガーパンツはスウエット生地をチョイス!

コーデの詳細・購入はこちら

大人気のジョガータイプ(裾がリブで絞れているタイプ)のパンツもスウエット生地のタイプをチョイスすれば、他の人と差別化を図れることまちがいなし!

 

足元も軽快に白スニーカで仕上げて季節感がでているコーディネートです。

 

6-3.パステルカラーシャツコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

淡いピンクのシャツも周りのアイテムをトーンダウンすることで、コーディネートに取り入れやすくなります。

トレンドのオープンカラー(開襟)のシャツは一枚で着用しても様になるおすすめアイテムです◎

 

6-4.スポーツMIXスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

 

ライン入りのパンツは今期のトレンドアイテム◎スポーツ要素の強いラインパンツをコーディネートに取り入れることで日常のスタイルに変化をプラス。

ロング丈のカットソーとの合わせが上手くタウンユースに落とし込んだスタイリングです*

 

6-5.シンプルなコーディネートも“スラックス”をあわせ都会的に

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなアイテムのボーダー柄のカットソーもスラックスと合わせることで、洗脳された都会的なイメージに。

足元も革靴で合わせることで、バランスのとれたスタイリングに仕上がります。

 

6-6.真夏のビーチスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

真夏のビーチを歩く時に最適なコーディネート。ビーチでもおしゃれを楽しみたい!そんな肩におすすめのコーディネートです。

 

足元も今期流行中のシャワーサンダルを取り入れることで、より夏らしい演出に。

 

6-7.タンクトップも“斬新なデザイン”のものをチョイス!

コーデの詳細・購入はこちら

脇に大きく切り込みが入ったタンクトップは一枚で着用しても◎

 

ライトブリーチのデニムはオールマイティーに着こなすことができ、汎用性の高かさも大きな武器となってくれます。

 

6-8.パステルピンクで“こなれ感を”

コーデの詳細・購入はこちら

飾り立ててないスタイリングだからこそ、淡いピンクなど色味で工夫をだすことでこなれ感を演出できます。

 

足元は軽快感をだすためにもスニーカーを合わせるのが◎

 

6-9.大人カジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

半袖のシャツは夏のキレイめスタイルの必須アイテム。デニムパンツと合わせてカジュアルになりすぎないように、足元はキレイめなローファーで合わせるのがポイント!

 

色数を使いすぎてないので、コーディネートにまとまりと清潔感がある“モテ”スタイルです。

 

6-10.ブラックを基調に“落ち着きのある”大人スタイリング

コーデの詳細・購入はこちら

淡い色味のデニムパンツにブラックのアイテムでしっかりと締めているのでコーディネート全体がスタイリッシュに見せることができます。

無地アイテムでまとめた落ち着きのある大人のスタイリングです。

 

6-11.この夏も“大人セットアップ”がかっこいい!

コーデの詳細・購入はこちら

ちょっと外にでてくるために・・そんなためだけではもったいないくらいかっこいいのが、スタープリントされたセットアップ。

 

まるで海外のセレブの休日スタイルのように、大人の“余裕”を感じさせることができるコーディネートは他の人と差別化を図ることができるBESTアイテムです!

 

6-12.大人の“ちょい悪”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

オーバーサイズのパーカーにスラックス生地のボトムスと一見シンプルなスタイリングだが、どこか悪く見えるのがかっこいい!!

 

モノトーンでまとめたスタイリングの中に足元の赤のスニーカーがファッションの遊びココロを忘れていない。

 

6-13.人との違いは“柄シャツで”決める!

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でコーディネートがシンプルになるのが苦手な人は柄シャツをコーディネートに取り入れることをおすすめします。

 

その際は他のアイテムを無地でシンプルなアイテムと合わせることで、驚くほどコーディネートに取り入れやすくなります。

 

6-14.のモノトーンコーデは“インナーのチラ見せ”がポイント!

コーデの詳細・購入はこちら

夏場など暑い季節になると避けられがちなのが、黒などの重めの色味。

 

その重いイメージをそのままにトップスとボトムスの間にボーダー柄のカットソーを差し込むことで、今年っぽくておすすめです。

 

6-15.スポーツ要素を取り入れた“ポロシャツ”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

 

スポーツ要素の強いポロシャツにデニムパンツを合わせた真夏のカジュアルコーデ。

ロールアップすることでしっかりと季節感を演出し、バック・シューズはしっかりと革製品でまとめている点は大人男子必見のスタイリングだ。

 

6-16.ビビットカラーのシャツも“夏では全然派手じゃない”

コーデの詳細・購入はこちら

ベーシックでシンプルなデザインのアイテムの組み合わせだからこそ、色味などで鮮やかなものを取り入れると◎

 

この夏もシンプルにおしゃれを楽しみたい!そんな意見が大多数ないでしょうか?

 

6-17.グレー×ネイビーで作る“最適カラーコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

ネイビーと相性の良いグレーのパーカーをさらりと着こなし、全身を細身のアイテムでまとめた“Iラインコーデ”

 

一見派手にも見える赤のシューズも定番のブルーデニムとなら、普段の装いにもさらりと取り入れることができるはず*

 

6-18.オパール加工のセットアップで作る“大人セットアップコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

透け感があり、涼しげな加工がしてあるセットアップは真夏に嬉しいアイテムです。

 

鮮やかな色味のセットアップもインナー・シューズをクリーンな白で合わせることでコーディネートにまとまり感を与えることができます*

 

6-19.綿麻ジャケットで作る“夏のジャケットスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

夏場のジャケットスタイルも綿麻のジャケットなら通気性がよく、暑さ対策も◎

 

大人っぽく清潔感のあるネイビーのジャケットに、黒スキニーでスタイリッシュにまとめている点は◎

 

シンプルになりすぎないように、インナーにボーダー柄を差し込む遊び心も忘れていない。

 

6-20.夏のドレスコードは“綿麻セットアップ”で決まり!

コーデの詳細・購入はこちら

綿麻のセットアップは暑がりには嬉しい、通気性がよく着用時のストレスを軽減してくれます。

 

ジャケット・パンツともに7分丈にすることでうまくドレスダウンしてあるスタイリングは、この夏どこかおしゃれなお店に行くときにいいかも?

 

6-21.パッチワークパーカーで作る“モード系”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

全身をモノトーンでコーディネートし、何と言ってもパッチワークのパーカーがコーディネートのアクセントに!

 

ダメージスキニーパンツと合わせて、どこかストリートの要素も取り入れてある斬新的なかっこ良さは誰の目にも止まるはず。

 

6-22.クルーネックカットソーで作る“真夏の主役コーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

夏場では珍しいクルーネックのカットソーは嬉しいビックシルエット。

 

コーディネートをまとめるためにもボトムスはスキニーパンツを合わせるのがこのスタイリングをGOODバランスに。

 

ネックレスもセットになったこのカットソーはこの夏重宝されること間違いなしだ!

 

6-23.夏場でも際立つ“デニムシャツ”の格好良さ

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でもデニムシャツの格好良さは際立つこと間違いなし!夏らしくボトムスもブルー系統のアイテムで合わせているのが一気に清涼感あふれる夏のスタイリングに。

 

トップスが細身のアイテムなので、ボトムスに少し余裕を持たしたボトムスをチョイスするところが大人の雰囲気を演出している。

 

6-24.モノトーンコーデは“カジュアルアイテムを”差し込んで!

コーデの詳細・購入はこちら

白シャツにブラックスキニーパンツと夏場では暑苦しく見えてしまうスタイリングも、インナーのボーダー柄カットソーが一気に夏の装いを演出してくれる万能アイテム!

 

シャツとカットソーの丈の長さをヒップをちょうど出せる位置に持ってきて、脚長効果も演出するなど計算されたコーディネートです。

 

7.さいごに

みなさまいかがでしたでしょうか?

30代のコーディネート術は参考になったでしょうか?

この記事を読む前は難しく思っていた人も、この記事を読み終わった後に“結構簡単じゃん”と思ってくれる人が一人でもいてくれたら幸いです。

 

最初は紹介したコーディネートの真似でもいいのです。

 

そしてファッションがなんとなくわかってきたらそのコーディネートに自分がいいと思ったアイテムを足して、はじめて自分のコーディネートが完成するのです。

 

20代より着れる服が多くなった30代みなさまもファッションを楽しんじゃいましょう!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@hisano

@hisano

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-ファッション

Copyright© カメラFUNにようこそ♬ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.