Fashion ファッションコラム

今年の冬注目アイテム「ダウンパンツ」暖かくて軽くてやみつきに【メンズ】

投稿日:

本当に寒...この季節(泣)ダウンジャケットを買ったり、ヒートテックを新調したりと急に寒くなると大忙し。しかしこんだけ対策をしているのに寒さは辛いのが現状ですよね。しかし今年はそんな寒さに救世主が!ボトムスに革命を起こすか如く発売された「ダウンパンツ」が劇的に暖かいと話題に!そんな注目の「ダウンパンツ」について勉強していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

今年の冬注目アイテム「ダウンパンツ」暖かくて軽くてやみつきに【メンズ】

 

一度はいたらハマる人続出! 防寒性と軽量性を備えたダウンパンツが人気です

ITEM    :ダウンジョガーパンツ

PRICE  :4,990円(税込)

昨今人気のダウンジャケットブームの勢いそのままに、ここ最近街中で話題なのが「ダウンパンツ」本来はアウトドアウェアとして発売されていたアイテムが、シルエットやデザインが改良されてお洒落着として登場!

ブームとなっているアウトドアスタイルにも使えることはもちろんの事、細身のタイプならきれいめカジュアルスタイルとしても重宝されるアイテムです!きれいなシルエットで暖かい・・そんな魅力を一度知ったらこのパンツを手放せなくなるでしょう。

 

 

オシャレなダウンパンツはどう選ぶ? 3つのポイントを押さえましょう

step
1
光沢感が少ないマットな素材を選ぶ

従来のダウンパンツの素材といえばナイロン素材で光沢感ファあるのもでした。それだとちょっとカジュアルな印象が強すぎて大人のはくボトムスとしてはちょっと避けたいものでした。

 

あくまでダウンパンツを“部屋着”ではなく“街中着”として着ることを考えるなら、光沢感を抑え他タイプを選ぶのがマスト!

 

いつも履いているようなボトム感覚で普段のコーディネートの強い味方になります♪

 

 

step
2
“キルトステッチ”があるなら細身の1本をチョイス

いかにもな“ダウンステッチ”があると、明らかに“太め”と感じてしまうので、ステッチは細めのタイプの方がシルエットがきれいに見えます。

 

タウンユースに落とし込むためには、着膨れしないように細めステッチのパンツ。これを覚えておきましょう。

 

 

step
3
今ならジョガータイプという選択も

一見普通の黒スキニーのように見えて、実はダウンパンツである。特にボトムで細身に見せるポイントとしては、全体的に細身のタイプを選ぶか、足首を細くする事です。

 

ジョガータイプなら足首が絞れているので、ダウンパンツでもスタイリッシュに見見せることができるのがポイントです。

 

普段感覚で着れてさらに暖かい。まさしく現在に求められている、デザイン性と機能性の両方を兼ね備えたハイブリットなボトムスといえます。

 

 

お手本にしたいダウンパンツコーデ

ここからは着こなしのポイントを実際のコーディネートを見ながら解説していきます。

 

ダウンパンツをお洒落着として着こなすための方法を見ていきましょう!

 

 s t y l e 
0 1

コーチジャケットと合わせた「ストリートスタイル」

コーデ詳細を見る

ストリート感を演出できるコーチジャケットをメインに、細身のダウンパンツならしっかりメリハリをつけれます。

モノトーンでまとめることが、子供っぽさを消した大人のスタイリングを可能にしてくれます。

 

 s t y l e 
0 2

全身を細身のアイテムで合わせた「Iラインコーデ」

コーデ詳細を見る


トップス・ボトムス共に細身のタイプで合わせば人気の「Iラインコーデ」の完成です。

バックパックにスニーカーとカジュアルなアイテムでまとめれば、大人のカジュアル感が程よく感じられますね♪

 

 s t y l e 
0 3

オールダウンコーデ

コーデ詳細を見る

トップス・ボトムス共にダウンで合わせた「オールダウンコーデ」

スタイリッシュなタイプなので、野暮ったい印象がありません。足元に明るい白スニーカーで合わせてあげることで、コーディネートのアクセントになります。

 

 

まとめ

今年注目のダウンパンツはいかがでしたでしょうか?

 

オシャレをとるか防寒性をとるか、洋服好きには悩みの種だった問題だけにこの「ダウンパンツ」で一気に悩みも解決ですね!

 

まだまだ寒い時期が続くのでぜひ一度試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-Fashion, ファッションコラム
-,

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.