Fashion 着回し・着こなし

“さりげなくオシャレな人”に見えるスタイルとは?真似したくなる3つのポイント

投稿日:

オシャレに見える人とそうでない人の違いは何か?オシャレな人は決してトレンドばかり追いかけるのではなく、セクシーさを打ち出して街中で あの人何かカッコイイな と思わせるようなさりげなくステキなスタイルを作っています。今回はそんなさりげなくオシャレと思われるようなポイントを3つご紹介していきます。

 

「シルエット」「素材」「色」について具体的に考えてみた

 

スポンサーリンク

 

<P O I N T >
0 1

「大きすぎずタイトすぎないシルエット」

ITEM    :メルトン フード JKT

PRICE  :9,999円(税込)

さりげないオシャレにトレンドを全く無視しても作れないもの。そんなイマドキのスタイルを作るには旬のシルエットを理解する必要があります。

そのポイントとは大きすぎず小さすぎない、中間くらいのサイズ感で合わせてあげるのが◎

コートで言うと“ミドル丈”と言われる、自分の膝上くらいに丈がくるアウターを選びましょう。

 

 

<P O I N T >
0 2

冬の最上質素材「カシミヤ」を身につける

ITEM    :カシミア ミックス 天竺 タートル

PRICE  :4,950円(税込)

冬のオシャレはインナー選びも重要になってきますね。

特に寒いからといって何枚も重ね着し着膨れしてしまったら、他のオシャレアイテムと合わせても野暮ったい印象になってしまいますね。

そんな時にオススメは冬の高級素材カシミヤを使ったアイテム。カシミヤならではの艶っぽさが上品に見え、防寒性も他アイテムに比べ◎

身につけるだけで“素敵”と思ってもらえますね♫

 

 

<P O I N T >
0 3

好感度の高い上質な「ネイビー」をまとう

ITEM    :Real Masters WAVEパーカー

PRICE  :10,780円(税込)

そして最後に気をつけなければいけないのが色味。上品で素敵に見えるスタイリングにはネイビーを取り入れたスタイリングがオススメです。

黒やグレーに比べて地味になりすぎず、この季節今ならではのカラーと言えるでしょう。

そして色ならば、黒ほど強くなく、グレーより地味にならないネイビーがおすすめです。

 

 

まとめ

この3つのアプローチで、今ならではのスタイリングを提案をさせていただきました。

 

仕事でも、もちろんでもプライベートも、さりげないおしゃれが私は好きです。おしゃれの目的は決して目立つことではございません。“素敵に見えること”がかっこいい大人の目指すべきところだと思います。

 

文字どおり“さりげない”ポイントを皆さんもぜひ取り入れてみて共感して頂けたら幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-Fashion, 着回し・着こなし
-, ,

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.