Fashion ファッションコラム

NIKEで作る“オシャレ”私服コーディネート方法を紹介(メンズ)

投稿日:

出典:wear.jp

毎年この時期になるといつものコートにいつものパンツを合わせて終わり。

 

中に着るインナーはコートで隠れるから何を着てもいいや。

 

kaname
そんな風に考える事は多いですが、洋服も人もくたびれていき、毎年同じ格好をしていると周囲からの印象も悪くなるだけです。

 

そんな方の為に、見た目-5

 

最新のスタイリング方法をお教えしていきたいと思います。

 

結論スポーツブランドを取り入れた、海外の有名人はもちろんオシャレさんには欠かせないスタイリング方法なのです。

 

それでは勉強して行きましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

NIKEで作る“オシャレ”私服コーディネート方法を紹介(メンズ)

 

1.nikeを使ったコーデがオシャレと話題!

出典:wear.jp

今巷でnikeを私服で取り入れてる方が増えております。

 

10年前でしたら、nikeはスポーツなどをする時に着用するアイテムでジャージなど野暮ったいデザインが多かったです。

 

しかし昨今、健康志向な考えの方が増えスポーツジムに通う方の増加。

 

そしてジムに行く時に着ていく 楽チン服 を求める人が増えデザインやシルエットなどが、タウンユースに落とし込まれていきました。

 

とくにボトムスなどは、従来の 太い シルエットの物から スキニーシルエットやジョガーシルエットなど、人気のボトムスのシルエットが履きやすい素材で展開されれば、皆さん欲しくなるのも納得でしょう。

 

 

2.なぜnikeを私服で取り入れるのか?

出典:wear.jp

ここ数年続くトレンドで スポーツMIXスタイル と言う言葉があります。

 

このスタイリングでは、コーディネートにスポーツブランドを取り入れたり、ボディバックやスポーツサンダル、ジャージ素材のアイテムなどと組み合わせたコーディネート方法になります。

 

そんな中シンプルでワンポイントでnikeのロゴが入ったアイテムを多く展開する同ブランドは、このスタイリングで活躍してくれると幅広い年代から支持されております。

 

 

3.失敗しないためのポイント

step
1
サイズ感に気をつける

]

出典:wear.jp

サイズのファーストチョイスは何と言っても細身のタイプ。

スキニーやジョガーシルエットなどここ2.3年でブームにもなっているタイプです。

しるを細身にする事で普段履いているようなボトムの感じに見せる事ができ、その上履き心地もストレスフリーで着用できます。

 

 

step
2
素材も偏りすぎない

出典:wear.jp

例えばスポーツアイテムでコーディネートする際に、全身ジャージ素材のアイテムで!

となるとオシャレなスタイリングとは遠くなってしまいます。なので普段お持ちの服とは異なる素材の

アイテムで合わせてみたり、コーデュロイやスウェードなどスポーツとはかけ離れた、違いを出せるアイテムは◎

 

 

step
3
さりげなく取り入れる

出典:wear.jp

おすすめのコーデ方法としましては、普段のスタイリングにスポーツブランドのアイテムを1,2個取り入れる方法です。

全身でスポーツブランドで揃えるのも悪くないですが、どうしてもカジュアルな印象が強くなってしまい出かける場所が限られてしまいます。

取り入れるなら、アウターやボトム、トップスなどコーディネートで締める割合が広い所がおすすめです。

小物やシューズだけだと主張が弱いので大胆に取り入れる!がポイントです。

 

 

4.人気のコーデを紹介!

 

私服+NIKEのジャージスタイル!

出典:wear.jp

癒しちゃん
NIKEのジャージにワイドパンツを合わせてる点が個性的です♫

 

ジャージ素材のNIKEのアウターに、ワイドパンツを合わせればモードとスポーツが融合された新感覚のスタイリング。

ボトムにジャージをINする事でよりモードの雰囲気を楽しめるスタイリングです。

 

NIKEランニングシューズMIXスタイル!

出典:wear.jp

癒しちゃん
アウトドアスタイルにも使えるオススメコーデです♫

 

人気のアウトドアスタイルにNIKEのランシューを取り入れたコーディネート。

バイカラーの配色の中に主張しすぎないNIKEのスニーカーがコーディネートをまとめてくれます。

 

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-Fashion, ファッションコラム
-,

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.