着回し・悩み解決!

グリーンコーデが大ブーム!?気をつけたい点とおすすめのアイテムをまとめてみた

投稿日:

「ああ、また差し色で失敗してしまった...」

 

こんにちは!kanameです。

ふと買い物に出かけた時、鏡に映る自分を見て、何か今日の服装、気分が上がらないなぁ...

他の人からしたら気にならないかもしれませんが、その日の格好は自分のコンディションにも関係するものですよね...

 

そんな“パッ”としない今日の格好に「何色を差そうかな?」と悩んでいるなら「グリーンがおすすめ」

 

 

今までの差し色と言えば「レッド」「オレンジ」「ブルー」などが定番でしたが、今おしゃれ上級者が好みのは「グリーン」なのです。

 

撫で髪くん
この記事をお読みの方の中に、毎日の服装がパッとしない。周りとファッションが同化してしまっている人の、変化のきっかけにこの記事がなればと思います。

 

スポンサーリンク

 

グリーンコーデが大ブーム!?気をつけたい点とおすすめのアイテムをまとめてみた

 

1.グリーンコーデの注意点

 

それではさっそく、グリーンコーデの中すべき点を紹介していきます!

 

step
1
顔から離した位置に取り入れる

この記事は「グリーン」のアイテムが流行っているのではなく、差し色で流行っていると伝えるものです。

 

ココに注意

グリーンのアイテムは優秀です!ですがどうしても、顔まわり(特にタートルネックなど)に持ってきてしまうと、グリーンの印象に引っ張られ、顔色が悪く見えてしまう場合も...

 

グリーンを取り入れるので、一番多かったのが「ボトムス・バッグ・シューズ」など顔から離して取り入れる事です。

 

撫で髪くん
男性ってモノトーンのアウターが多いじゃないですか?なので原色のグリーンのパンツなどと合わせれば、自ずとコーデにハマるのです!!

 

step
2
近い色との組み合わせは避ける

グリーンの隣あわせの色と言えば「黄色」や「青」ですね。

色が悪くないのではなく、隣合わせになってしまうと、グリーンの良さが薄れてしまいます。

 

派手な配色・・と思われ、肯定される方もいると思いますが、せっかく映える色のなで、無彩色と合わせるのが良いでしょう◎

 

 

2.グリーンコーデに欠かせないアイテム

冬はアウターを基準にコーディネートを組むことがほとんど。ただそこからオシャレに差を出すには、周囲に合わせるアイテムに色合わせ。そう差し色使いなのです。今流行に敏感の街の人はどこにグリーンを差しているのか?チェックしていきましょう。

step
1
アウター

大面積を占めてしまうアウターの場合、インナー・ボトムスを暗めの色で合わせて、アウターを引き立てましょう。

グリーンはカジュアルな色味です。

キレイめアイテムの、スラックスや革靴と合わせる事で、ちょうどいい大人のストリートMIXされたスタイルに。

 

step
2
ボトムス

顔から比較的離れているボトムスで取り入れる場合、トップスを明るい色にした方が、コーデのバランスが良くなります。

ボトムス・シューズを同ブランド「VANS」で合わせ

スケータ風に着こなせば、トレンド感溢れるスタイルに仕上がります。

 

step
3
カーディガン・ニット

グリーンのニットカーディガンは、モードな雰囲気に着こなすのがおすすめ。

ダークトーンのアイテムでモードな雰囲気を出しつつ、バケットハットでストリートの要素もプラス。

ゆったりシルエットで着こなす事で、イマドキのスタイルに!

 

step
4
バッグ

小面積のボディバッグなら、コーディネートのアクセントとして活躍してくれます。

ネイビーのカーディガンに合わせた「ブルーグリーン」の色味が可愛らしいですね♫

 

 

さいごに

今回は、差し色として人気の「グリーン」コーデの気をつけたい点と、おすすめのアイテムを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

グリーンを差し色で使いつつ「シルエットコーデ」も取り入れると、コーディネートがより素敵に仕上がります。

 

 

おしゃれな人にとって差し色は、今も昔も不動の心得!個性の効いたグリーンコーデを楽しんでくださいね♫

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

無料のファッション情報を配信しております♪購読を希望される方は下記から登録お願いします!

友だち追加

 

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-着回し・悩み解決!
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.