WORKMANでおしゃれをする!

【着回し確定】ワークマンの“980円”カットソーはおしゃれさん必須のアイテムになりそうです...

更新日:

kaname
最近ワークマンをどう着こなすかばかり考えてる。kanameです。

ワークマンのアイテムのアウターばかり紹介してきましたが、今回はインナーです。

 

私も販売員をやってた頃から、メンズで人気のインナーはやはり「白のカットソー」になります。

そこでおすすめのワークマンの「ヘビーウェイトコットン オーバーサイズ 長袖Tシャツ」になります(NO1399)

 

ヘビーウェイトTシャツの王道でもあったhanes(ヘインズ)のBEEFY(ビーフィー)Tシャツにも劣る事はなく値段もこちらの方が、500円くらい安いのです。

このアイテムの良さが伝わるように、販売員をやっていた時の気持ちで皆様にお伝えしていきます。
kaname

 

スポンサーリンク

 

【着回し確定】ワークマンの“980円”カットソーはおしゃれさん必須のアイテムになりそうです...

ヘビーウェイトコットン オーバーサイズ 長袖Tシャツとは?

step
1
デザインについて

今回紹介するアイテムは「ヘビーウェイトコットン オーバーサイズ 長袖Tシャツ」は名前の通りビッグシルエットで作られた、長袖のTシャツになります。

 

しかも他ブランドで、ヘビーウェイト。そして長袖なら値段は1000円を超えるものばかりでした。

 

シンプルなデザインでとっても着回しがきくのはもちろん、ポケットがアクセントになり、春は1枚で着用してもかっこいいと思います。

 

またサイドにスリッド(切れ込みが)が入っているので、きれいに下に落ちていくイメージで、インナーでタンクトップなどを合わせた際も、きれいに重ね着できます。

 

また薄いTシャツだと1枚で着た時に透けてしまう事も多いですが、このTシャツならそんな心配もいりません

 

中に着るインナーの“色味”にまで気を使わなくても、オシャレでカッコいいのは嬉しいポイントです。

 

step
2
素材や機能性について

皆様は着心地が良いアイテムと聞いて、何を基準にしてますか?私は化学繊維の洋服が苦手で選ぶ際は天然繊維のアイテムを選ぶようにしております。

 

このワークマンのアイテムは「コットン100%で天然素材」ならではの、心地よい肌触りです。

 

また名前の通り「ヘビー」に使えるような、耐久性も兼ね備えているので、柔らかさの中にコシもあるような着心地の良さを味わう事ができます。

 

首元の部分もしっかり作られているのもポイントで、Tシャツは汗をかいて洗濯回数も他のアイテムに比べて多くなるので、首元がヨレないような作りになっております。

 

 

スポンサーリンク

 

 

step
3
実際に着てみました

今回私は3Lサイズを購入しました。大きめに着用したかったので、一番大きいサイズを選びました。

※実際の着画はyoutubeで後悔しております

 

このアイテムの魅力は何といっても、肉厚で1枚で着てもカッコ良くそして透けない所だと思います

 

ガシッと肉厚で男くささを感じるカッコよさの中に、シルエットでトレンド感を出してくれます。

 

秋・冬・春と長いシーズン活躍してくれるので、冬はインナーに使えますしかなりコスパはいいと思います。

 

コットン100%の生地なので、水濡れには弱いです。そして何よりワークマンの特徴の「撥水」機能はついてないのでご注意を。

 

他にも「グレー」「ブラウン」「ブラック」「ネイビー」「ピンク」と今回紹介した白を合わせた「6色」展開です。

 

楽しみ方がたくさんあるアイテムなので、皆様も気になりましたら、ぜひチェックして下さい。

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回はワークマンの「ヘビーウェイトコットン オーバーサイズ 長袖Tシャツ」の着用レビューをさせていただきました。

 

「メンズファッションマガジン“服ログ”」では「低身長・高身長」「細身・ガッチリ体型」など、洋服の着こなしで悩んでいる方の、参考になる記事を執筆しております。

 

最新のトレンド情報の記事を見逃したくない方は、是非友達登録してお待ちください!

 

洋服好きな方必見「あなたをオシャレに導くメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

タイムラインで不定期に配信しております♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-WORKMANでおしゃれをする!
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.