お役立ち情報

【メルカリ】自分の洋服を販売→逮捕。知らないと恐ろしい事実とは…

更新日:

自宅時間も増えて自分の不要な洋服を、メルカリなどのフリマサイトに出品した人は多いと思います。

 

そこで得た「臨時収入」ラッキーで済まされないかも知れませんし、その「臨時収入」を虎視眈々と狙っている人がいます。

 

結論・少額では大丈夫ですが、十万単位の利益が出たら注意が必要。所得について正しく申告をしない場合「脱税」で最悪逮捕に至るケースも

 

しっかり社会経験のある大人なら大丈夫だと思いますが、若い世代に知って欲しいと記事を執筆しております。

 

もしメルカリなどのフリマサイトで利益を上げた際やるべき事

いくらから所得を上げたら申告が必要か?

実際にどういっった場合に逮捕になるか

 

来月に控える確定申告前にこの3つを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

【メルカリ】自分の洋服を販売→逮捕。知らないと恐ろしい事実とは…

 

1.メルカリの利益を申告しないで指摘されるケースが増えております。

『生活用動産』と呼ばれる、生活に必要なものを売却し、得た利益は、所得税のかからない譲渡(じょうと)所得にあたります。

 

これは、いくら売っても、確定申告の必要はないと言われております。

 

ただ洋服も『生活用動産』に含まれ非課税だと思い、安心していけません。

 

税務署が個人のメルカリの売り上げ目当てに、突如接触してくるという話は珍しいことではないようです。

 

さらにコロナ鍋の影響もあり、例年実施されている説明会も中止になるなど、納税者のミスは増えると予測されます。

 

特に今年は『生活用動産』と安心して、何度も高額な洋服の取引や、昨年はスニーカーブームということもあり、そこで利益を上げた人は注意が必要です。

 

コロナ禍の税収不足を理由に、税務署の動きも活発になり、もはや個人の物を販売してるだけだから、と安心していられなくなりました。

 

 

2.確定申告が必要なボーダーライン

「確定申告が必要かどうかの金額ですが、利益の額によって決まります。会社員など本業の給与所得がある人は年間20万円以上。給与所得がない人は48万円以上が確定申告のボーダーラインとなります。

 

よく言われる「年間20万円までなら確定申告は不要」という意味も、正しく理解しないと判断を誤ります。

 

所得とははにか?簡単に言うと「利益」のことを指し、以下の算式で求められます。
所得 = 収入 - 経費

 

なので学生だからといっても、収入がある限り、そして年間20万円は月に16,666円です。

 

ちょくちょく不用品を売っていたら、簡単に上げれてしまう利益なので、他人事だと侮ってはいけません。

 

 

3.実際にどういった場合に逮捕になるか

脱税や申告漏れに心当たりがある、税務調査が行われたら「逮捕されてしまうのか?」と心配する人も多いと思います。

 

しかし、任意で応じる税務調査の結果に基づいて逮捕されることは、なかなかありません。

 

どのようなときに「脱税」犯として逮捕・処罰される可能性があるのか

 

 

(1)偽りその他の不正行為
売上について虚偽を述べたり、裏帳簿を作って所得を隠したり経費を水増ししたりする行為

(2)脱税もしくは所得還付を受けた
実際に税金の支払いを免れたり、所得税の還付を受けたりしたことです。

(3)脱税の故意
自分が上記のような「脱税」行為をしているという故意が必要です。

 

 

脱税の罰則は、各種税法にそれぞれ定められ、基本に10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金刑あるいはその、両方の刑が科される事もあります。

 

シビアな時期だからこそ、取引の履歴や、売り上げた金額などはしっかりと把握し、正しく税金を納めましょう。

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回は自分の洋服を販売逮捕。知らないと恐ろしい事実についてお話ししていきます。

 

「メンズファッションマガジン“服ログ”」では「低身長・高身長」「細身・ガッチリ体型」など、洋服の着こなしで悩んでいる方の、参考になる記事を執筆しております。

 

最新のトレンド情報の記事を見逃したくない方は、是非友達登録してお待ちください!

 

洋服好きな方必見「あなたをオシャレに導くメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

タイムラインで不定期に配信しております♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-お役立ち情報
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.