お役立ち情報 Fashion

「洗うべき服・洗わなくていい服」秋冬の洋服のメンテナンスで気をつけたい事とは?

更新日:

お店や帰宅する際の消毒や手洗いが、生活のスタンダード化されてきました。

 

もちろん手や指の清潔である事は大切ですが、あなたが毎日きている洋服は本当に清潔ですか?

 

この記事では冬だからこそ知ってほしい「洗うべき服・洗わなくていい服」をご紹介。あなたの洋服臭ってませんか?

 

 

🔽You Tubeでも解説しております🔽

 

スポンサーリンク

 

「洗うべき服・洗わなくていい服」秋冬の洋服のメンテナンスで気をつけたい事とは?

1.毎日着ているアウターは洗うべき?洗わなくて良い?

冬場特に毎日着ているアウターは、洗濯しなくても良いし、シーズン終わったら考える

 

そう考えている人は大間違いです。

 

冬も意外と汗をかいているもので、ほっておくと「臭い」や「汚れ」の原因になってしまうかも
撫で髪くん

 

毎日洗えないアウターだからこそ、日頃のメンテナンスは必要で、その他にも「制菌力」プラスなどが繊維に入っているのを選ぶのが望ましいです。

 

消臭=今の嫌な臭いを分解

制菌=今後の臭いの元を抑制しつつ、匂いも抑える

 

このように制菌は今の臭いも、未来の臭いも抑えてくれる画期的な臭い対策になるのです。

 

「制菌力」のないアウターのメンテナンス方法

  • 買ってきたらブラッシングする(特にウールコート)
  • 固く絞ったタオル等で表面を吹いてあげる(機能性ブルゾンやコットン)
  • 帰ってきてすぐにクローゼットにしまわない(湿気でアウターが痛みます)
  • 通気性の良い場所に干す(直射日光は痛む原因なので避けましょう)

 

 

2.冬は毎日でも出番のある「ニット」

ニットと聞くと洗濯すると「縮んでしまう」イメージが多いですが、ニットも一度着たら洗うことをオススメします。

 

なぜニットは洗濯できないかというと、編み地の特性で縮みがおきやすくなっております。

 

ただニットも洗濯表示通りに洗濯すればOK!乾燥機にかけれるタイプも増えております。
癒しちゃん

 

そんな事も気にしないでガンガンニットを着たい人は「ウオッシャブルニット」など、カットソーに近い洗えるニットを選ぶことをオススメします。

 

初心者の為のニット講座

  • ニットの下にTシャツを着て直接汚れないようにする。
  • ハンガーにかけず畳んで保管する(伸びないように)
  • 毛100%の洗濯は、デリケートコース→ネットに入れる→専用洗剤→脱水は控えめに→洗濯後すぐに形を整える→ハンガーではなくテーブルの上で平干する。

 

 

3.ツィードやレザーなどは一見洗えなそうだが...

ツィードやレザーは「洗濯しないアウター」のイメージが強いですが、この2つに関しては洗濯はプロに任せ自宅では避けるべきです。

 

私も革の知識が浅いときの失敗談として

・匂い取るためにファブリーズかける→見事霧吹き状のシミになる

・市販のレザー専用洗剤で洗濯→ヒビ割れ&色落ち。革の匂いもなくなりただのブルゾンに

 

ツィードも紡毛なので、水洗いするというのは難しいとの認識を持っておきましょう。

 

レザージャケットは特に湿気や雨などに弱いとさせております。

 

そのため保管する際も通気性を考えたり、雨の日は避ける。もし雨に濡れたり汚れが気になる場合は、固く絞ったタオルでふき乾かしましょう。

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回は「洗うべき服・洗わなくていい服」秋冬の洋服のメンテナンスで気をつけたい事とは?というテーマでお話ししました。

他にも質問したい、洋服のお悩みもLINEでお答えしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「洋服で相談できる人がいない…」
「自分に似合う服が分からない」
「何よりオシャレになりたい!」

など、悩んだらまず相談!洋服・体型に関する悩みを相談ができるサービスをやっています。あなたの悩みを一緒に解決します!

 

毎日届く「あなたをオシャレに導く365のメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

LINEで19:00に届きます♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-お役立ち情報, Fashion
-

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.