お役立ち情報 Fashion

アウターデビューはいつから?気温別10月のオススメの服装とは?

投稿日:

こんにちは、kanameです。

 

普段「ファッションライター」「パーソナルスタイリスト」として活動し、運営するメンズファッションマガジン“服ログ”は月間20万PVを達成するなど、国内でも有数のメンズファッションブログを運営してます。

 

10月に入り朝晩の気温が下がってきて、服装に悩まされる時期になりましたね。

 

外出する機会が増えている人も多い中、服装選びで失敗しないためにも「気温と服装」の関係で選ぶのが正解◎

 

アウターデビューはいつから?と思っている人もこれからお話しする「気温別アイテム選び」を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

アウターデビューはいつから?気温別10月のオススメの服装とは?

10月の各地の気温は?

まずは全国の10月の平均気温。

 

西日本や東日本の最高気温は「22℃前後」 最低気温は「15℃前後」となっています。

 

北海道では10月でも最低気温は10℃を下回る日が多くります。

 

 

気温別オススメの服装とは?

ここでは気温別のアイテムの選び方を紹介します。前日に気温をチェックして適したアイテムで出かけましょう。

step
1
25℃未満「長袖シャツ」

出典:zozo.jp

今年は特にロングスリーブのTシャツコーデが当たり年のように感じます。

 

トレンドのゆったりしたシルエットを作りやすいですし、デザインのバリュエーションも多い。

 

ちょっぴり風が涼しく感じらる気温だからこそ、長袖シャツをメインにコーデを組んでみましょう。

 

step
2
20℃未満「カーディガン」

出典:zozo.jp

夏コーデからシフトチェンジをすぐにできるので重宝されます。

 

夏にTシャツ+ボトムス。などシンプルに合わせてた方は「カーディガン」を羽織るだけで秋の装いに。

 

着脱しやすくヘアスタイルの崩れが少なくすむのも◎室内や屋内など出入りが激しく、温度調節が必要な時にも役に立ちます。

 

step
3
16℃未満「ニット」

出典:zozo.jp

ニットは洗える素材が増えてきて、メンズファッションでニットコーデが増える予感!?

 

最近のニットは着用時にストレスを感じない素材が増えてますね。洗える事からディリーのスタイルでより使いやすくなりました。

 

ニットはタイト目よりリラックスシルエットが◎インナーでTシャツと合わせる事で、レイヤードスタイルはもちろんのこと、ニットに直接汚れが付くのが防げるのでオススメです。

 

step
4
12℃未満「トレンチコート」

出典:zozo.jp

気温が12℃を下回ると本格的なアウターが必要な気温に。

 

本格的な肌寒さを感じる気温だけにアウターが必要に、そしてショート丈からロング丈が主流になってくる気温です。

 

ドロップショルダーなど肩幅を落としたデザインのコートでイマドキ感をプラス。ボトムスを細身にすることでYラインのシルエットを意識しましょう。

 

step
5
8℃未満「冬物コート」

出典:zozo.jp

気温が8℃を下回ると本格的な冬準備が必要です。素材選びが重要になります。

 

真冬に突入する8℃未満の気温は「ウール」や「ダウン」など冬素材のコートでしっかり防寒対策を。

 

最近ではアウトドアブランドのアウターを選ぶ人が多いです。防寒性だけでなく機能性も優れているので、よりアクティブに冬を過ごされる方にオススメです。

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回は気温別10月のオススメの服装についてお話ししました。

他にも質問したい、洋服のお悩みもLINEでお答えしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「洋服で相談できる人がいない…」
「自分に似合う服が分からない」
「何よりオシャレになりたい!」

など、悩んだらまず相談!洋服・体型に関する悩みを相談ができるサービスをやっています。あなたの悩みを一緒に解決します!

 

毎日届く「あなたをオシャレに導く365のメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

LINEで19:00に届きます♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-お役立ち情報, Fashion
-,

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.