お役立ち情報 Fashion

洋服量=オシャレではない。コーディネートが下手な人がやるべき3つの事

投稿日:

コーディネートがオシャレに組めない...そんな時についつい洋服を買い足してしまうことってありますよね。

 

持っている服の数が多ければ「安心感」を得られる反面、オシャレにコーディネートできる訳でもありません。

 

今はファストファッションの台頭もあり、安価に服が手に入る時代になりましたね。

 

この記事では少ない洋服でもオシャレに。そして持っているアイテムで上手にコーデするために。

 

大切な3つのポイントを解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

洋服量=オシャレではない。コーディネートが下手な人がやるべき3つの事

 

1.自分の気分が上がる「主役服」と「サポート服」を分ける

私も実際にやっているコーデ方法として、今年の秋はこのアウターをメインにコーデを組みたいとメインの服を決めます。

 

主役服は「自分の好きなブランド」や「自分の好きなアイテム」で選ぶのが望ましいです。

 

クローゼットの中がごちゃごちゃしている人は「主役」と「脇役」に分けてみることから始めましょう。

 

クローゼットの整理術

  • ブランドはもちろん鮮やかなアイテムや柄アイテムは主役
  • 無難な白・黒・ネイビーのアイテムは脇役アイテム
  • 小物もシンプルな物は脇役。上質な素材やお気に入りのスニーカーは主役にしても良い

 

コーデは何となくの合わせでなく「主役」の服をいかにも他のアイテムで引き立てるのかがポイントになります。メインばかりに気を取られてた人は、いかにコーデに“馴染ませ”て“際立たせるか”を考えるだけでコーデ力がグッとアップします。

 

 

2.コーディネートは全身のアイテムバランスで決まる

コーディネートは一つのアイテムで決まるものではありません。トップス・ボトムスをメインにバッグやシューズまで全身のバランスで決まります。

 

特に男性はトップスやアウターは沢山買うのに、ボトムスはいつも同じアイテムで合わせる人が多い傾向にあります。

 

素敵なコーディネートを組みたかったら、ベルトやシューズ・バッグまでの小物が足を引っ張ってはいけません。

 

小物を選ぶ際のテクニック

  • 革小物は同じ色味で合わせる
  • 小物の色は主役の服と違う色で。コーデで完全に同化してしまいます
  • 面積比は5%以内を意識する

 

今までは意識しなかったアイテム(小物類)まで気を遣う。そしてマンネリボトムスを変えてみて、身体の隅々まで身に着けるアイテムを意識しましょう。

 

 

3.クローゼットに対する考え方を見直す

洋服の量が多い人ほどクローゼットは洋服を保管するだけの場所になっており、自分の持っているアイテムを把握してない事も。

 

ただクローゼットは「洋服を選ぶ場所」であり、自分の持っているアイテムを把握してないとオシャレにコーデする事は難しくなります。

 

全ての服を活かすのではなく、厳選して自身で把握できる量にしてみましょう。

 

気持ちの良いクローゼット作りポイント

  • 同じハンガーで揃える(ちょっと良いハンガーを使う)
  • 淡色から濃色で並べてグラデーションにすると、見栄えがよくなります。
  • ショップをイメージして陳列する。たたみの収納も上段にトップス、下段にボトムス類など。

 

クローゼットがオシャレだと毎日の洋服選びも楽しくなります。選びやすいクローゼットは洋服選びの質も高めてくれます。

 

 

洋服で悩みがある方はご相談を

今回はコーディネートが下手な人がやるべき3つの事についてお話ししました。

他にも質問したい、洋服のお悩みもLINEでお答えしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「洋服で相談できる人がいない…」
「自分に似合う服が分からない」
「何よりオシャレになりたい!」

など、悩んだらまず相談!洋服・体型に関する悩みを相談ができるサービスをやっています。あなたの悩みを一緒に解決します!

 

毎日届く「あなたをオシャレに導く365のメッセージ」をLINEにて配信しております♫

 

LINEで19:00に届きます♫是非友達登録してお待ちください!

 

友だち追加

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-お役立ち情報, Fashion
-,

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.