出張カメラマン

【格安の秘密は】東京でプロカメラマンを格安で派遣!選ぶ際のポイントは?

更新日:

出典:https://kabuchoi.com/kabu/yasuikabu-1

こんにちは。カメラ&ファッションの情報サイトを運営している@hisanoと申します。

 

プロのカメラマン、カメラスタジオに依頼して予想より金額が高くなってしまった・・。そんな経験した事がある人多いのではないでしょうか?

 

なぜ高くなってしまうのか?それは見積もりの際は安値でも、オプションなどをつけるはめになり、どんどん値段が高くなってしますのです。

 

そして自身もプロのカメラマンに依頼する際に、料金が明確で追加料金がとられないオススメの会社はないかと調べてみました。

 

もし自分でもこのサービスを体験しないでいたら、やみくもに高いカメラマンにお願いしていたとおもいます。

 

今回は詳しい内容から頼み方、お願いする会社を選ぶ際のポイントまでお話ししていきたいと思います。

 

先におすすめの会社が知りたい方は【おすすめの会社はこちら】をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

1.出張カメラマンを格安で

出典:https://marry-xoxo.com/articles/4463

プロのカメラマンに写真を依頼でき、さらに格安だったら利用者としてはとても嬉しいですね!

 

「東京 出張 カメラマン」で検索すると1時間¥6,000〜とかなり格安の会社様が多数出てきますね。

 

えっ!そんなに安く写真を頼めるなら、すぐにポチッと依頼完了♫

 

と何も知らない人はここに落とし穴があるのです!詳しい説明は下記の「安いにはからくりが?気をつけたいポイント」で説明していきたいと思います。

 

 

2.写真業界は古い体質が根強く残っている

https://www.photo-ac.com/main/search?q=古いカメラ&srt=dlrank

今までの写真業界の料金体制は、基本料金¥20,000〜の1人追加で¥10,000、写真の修正¥5,000〜、休日の撮影¥10,000〜と何がしら費用がかかってしまうもの。

 

そして「出張カメラマン 格安」などでインターネットで探しても¥6,480〜と格安をうたっておきながらオプションが付いて結局のところ費用がかかってしまうなんて事もあります。

 

そこでもっとカメラマンを利用する人の気持ちに寄り添って、リーズナブルな価格で理想のカメラマンを見つけらえるようにお手伝いしていきます。

 

3.いつまでも高いフォトスタジオでいいのか?

出典:https://www.alicey.jp/article/52127

某大手写真スタジオだと撮影代金だけで、¥40,000~100,000の代金がかかってしまいます。またこの基本料金にオプションを付けると金額はさらに跳ね上がってしまいます。

 

その点、ご自宅や近くのスタジオや公園などにお好きなカメラマンを派遣する事で値段も¥10,000~とかなり安く抑える事ができます。

 

自分自身で衣装を用意する手間が懸念されてきましたが、現在では自身で衣装から用意する方が他の子と同じにならないと人気です。

 

どうしても写真スタジオの衣装だと、他の子と同じ衣装になってしまう事があるんですよね、、

 

また、フォトスタジオと違い自身の要望を伝えやすく臨機応変に対応してくれるのも魅力の一つです。

 

4.出張カメラマンの詳細は?

4-1.内容

出典:https://skcnat.info/enjoy-camera/

個人様の七五三やお宮参り家族写真などの撮影はもちろんのこと、近年ではSNSのプロフィール写真や女子会など、自分たちのライフスタイルに沿ってプロのカメラマンを派遣される方が増えております。

 

詳しくは<<七五三/お宮参りの出張撮影 選ぶ際のポイントは?質の高い会社を厳選紹介!

 

従来プロのカメラマンに依頼するのは大きなイベントの時だけといったイメージが多いですが、あのこのプロフィール写真が劇的におしゃれになった!などみなさまのみじかな友人などもすでに出張カメラマンサービスを利用しているかもですね。

 

詳しくは<<“いいねがもらえる”家族写真のおしゃれ撮影方法をレクチャーします!

 

個人様はもちろんのこと、法人向けのサービスでご利用することも可能です。企業案内の宣材写真や取締役のプロフィール写真・社内イベントにも出張カメラマンサービスを利用されている企業様は増えております。

 

4-2.料金は?

出典:http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/makena13/001.html

基本の料金は時間あたりの撮影費+交通費が出張カメラマンを頼む時の料金の算出になります。

 

そのほかに撮った写真をアルバムにしてほしいや、衣装の貸し出し・ヘアメイクなどを希望される方は別途料金が発生する可能性がございます。

 

気をつけてほしいのが、撮影費は安く抑えられた>のに交通費(出張費)の名目で多くの費用が発生してトラブルになるケースもございます!そのために出張カメラマンサービスを利用する際は撮影料金のほかに出張費にも目を向け、ご自身のお住まいの地域から近いカメラマンにお願いすることをおすすめします。

 

4-3.基本的な流れは?

出典:https://delta.photo/pricelist/

ここからは基本的な流れについて説明していきます。会社様ごとに多少異なる点はあるかと思いますが、カメラマンに仕事を依頼する際の一般的な流れを紹介していきます!

 

お申し込み (HPよりメールや電話にてお申し込み)

お打ち合わせ (メール(電話)で希望日時や取りたい写真を伝えます。)

代金振込み (先払いで銀行振込の会社様やクレジットカード決済。撮影日に支払いなど会社ごとにことなります)

撮影  (当日は経験豊富のプロカメラマンが撮影してくれます)

納品  (1週間〜10日ほどで納品。DVDで納品やPDFのデータで納品など方法は様々)

 

スポンサーリンク

 

5.安いにはからくりが?確認すべき項目は?

5-1.枚数制限がある

出典:https://www.gizmodo.jp/2012/05/photo100_24.html

1時間安い値段で依頼できた!なんて喜んでいたのも束の間。撮影当日になったら「1時間あたり30カットまでです」と枚数制限がある会社も多いです!30カットってあっという間、こんなんだったら頼まなきゃよかった・・なんて泣き寝入りしないためにも、枚数制限のない会社にお願いしましょう!

 

枚数制限を設けている会社にはからくりがあり、枚数を多く撮影しすぎると、その後の画像処理が大変になるために枚数を少なく見積もる方も多いそうです。。

 

そんなの利用者からすると関係ないですよね!

 

5-2.レタッチ(画像修正)がふくまれていない

出典:http://www.gen-zo.com/bijo/sample/

写真を撮ったままだと、画像修正がされていないそのままのデータで納品されてしまします。

 

また撮影だけして、レタッチ料金は別途請求する会社様もあるのでご注意を!せっかくならレタッチをしてもらって写真をキレイに仕上げてほしいと思うのが、利用者からすると本音ですよね!

 

撮影代金にレタッチ料金が含まれている会社様にお願いしましょう。

 

5-3.洋服のレンタルを強制された

最近増えているのが、結婚式の前撮りなどのサービス。その際に衣装の貸し出しも強制になっていて気付いたら莫大な金額に・・なんてトラブルも耳にします。

 

撮影代金+衣装代金で結婚式で撮る写真の代金と変わらない値段にまで跳ね上がっちゃたなんて事にならない為にも、不要なレンタルを強要されない会社様に依頼しましょう。

 

5-4.まさかのカメラマンがアルバイト

出典:http://www.niwaka.com/ksm/radio/betrothal-meeting/program/base/02/

最近格安の出張カメラマンサービスで格安で利用できるのが、カメラマンと利用者をマッチングするだけのサイトで、こういったサイトでカメラマンにお願いしたところ、カメラマンが自称アルバイト(セミプロ)だった何て事も。

 

出張カメラマンサービスのは初めて会う人と、初めて行く場所での撮影になり短い時間で利用者の目的とする写真のカウンセリング・撮影を行わなきゃいけないので経験が大変重要になってきます。

 

その為に、「写真を長年趣味でやっていた」「作品の受賞歴がある」などの経歴ではなく、どのくらいのキャリアがあり、しっかりと実績と経験のある会社様に頼む事をおすすめします。

 

5-5.最小で頼める時間帯を確認しておこう

出典:https://www.pinkoi.com/magz/MgfVQjRw

よく見かけるのが1時間あたり¥6,480~と記載してありサイトを開いてみると、、なんと最小で2時間~など最小の時間設定をしているカメラマンの方が大半です。

 

 

安く抑える為には1時間あたりの金額だけでなく、最小で頼める時間を確認しておきましょう。

 

メモ

※最小で2時間の撮影で設定しているのは、出張撮影の当日はイメージの打ち合わせ、ロケハン、撮影、移動と写真撮影時間にも時間はかかってしまいます。

また撮影後もカメラマンさんは、写真の修正や納品サイズにリサイズしたりと多くの時間をとられてしまいます。

その話を聞いて最小の時間設定をしてあるのも納得ですね。

 

 

6.それでも安く抑える為のポイントは?

6-1.平日に撮影をお願いする。

出典:http://sympa.tokyo/archives/985

出張カメラサービスで多いのが土日の撮影依頼になります。その為人気のカメラマンとなると何ヶ月先まで土日は撮影スケジュールが埋まっているなんて事もあります。

 

そこでおすすめするのが平日の撮影です。平日は比較的撮影を依頼する人は少なく、平日限定に料金をお安くしてくれるなんて事も。

 

他にも平日は断然人が少ないので、短い時間でいい写真ががたくさん取れるので、平日に撮影依頼をする事をおすすめします。

 

6-2.自分のお住まいの近くのカメラマンにお願いする。

出典:https://conaran.jp/shoulder/ba/lmic2303.html

出張カメラマンの料金には「撮影料金+出張料金+オプションサービス」の合計料金によって算出されます。

 

その為いくら自分のお住まいの地域が対象のエリアであろうと、派遣されるカメラマンのお住まいの距離が遠ければ遠いほど料金は上乗せされてしまします。

 

その為に依頼する前に、出張料金(交通費)を確認し自身のお住まいから近いカメラマンにお願いしましょう。

 

6-3.年間もしくは複数回の撮影依頼をしておく。

出典:http://photream.com/gallery_detail/536

カメラマンさんの多くがスポットで仕事を持っている人は少なく、仕事を確保したいと思っている人が多いです。

 

その為に出張カメラマンのサービスを1回だけでなく、複数回依頼する事を約束し値段の交渉をするテクニックを伝授します。

 

法人様が依頼する場合は問題はないかと思いますが、個人様の場合は子供の入学式・運動会・家族写真など年間2〜3回の撮影を予約し、実際私もこのやり方で料金を安く抑えております。

 

6-4.余計なオプションは全て断る。

出典:https://master-english.org/2860

出張カメラマンサービスで料金が上がってしまう原因が、余計なオプションをつけてしますからです。

 

DVDに焼いてもらったり、フォトアルバムにしてもらったりと、オプションをつければつけるほど、最初のお見積もりからどんどん高くなってしまいます。

 

しかし私から言わせると、写真をデータでいただければ簡単に写真を現像する事はできますし、フォトアルバムにする事が可能です。

 

しかも自分でやれば料金はかなり安くできますし、自身で作業するのが面倒な方だも、お近くの家電量販店にいけば大抵のサービスをやっているところがほとんどです。

 

オプションサービスでお願いしたいのは“レタッチ(画像修正)“ぐらいですかね。これはプロにまかせてキレイな状態で写真を納品してもらいましょう。

 

6-5.長い時間の撮影を依頼する

出典:http://tabippo.net/sekaiissyu-2/

出張カメラマンの多くが1時間あたりの値段を設定している人が多く見受けられます。

 

1時間あたりの金額が高いのではないの?と思われる方は多いと思いますが、カメラマンは1日に何ヶ所も現場を回れない為に、時間に関わらず1回の案件がその日のお給料になります。

 

その為に3時間、5時間と長い時間の撮影の場合通常より値段を安く設定されています。そんなに長い時間撮影の予定はないよ?と思われる方は友人などと合同で申し込むのがオススメです。

 

年齢が近いお子様通しの七五三や学校の行事。女子会や家族写真などではみんなでシェアすれば料金も抑えられます

6-6.モニター撮影を見つける

出典:http://chillphoto.jp/

お金をかけずに撮影を依頼したい。そんな方にオススメのモニター撮影について説明していきます。

 

メリット
①料金が格安or無料で抑えられる。
②モニター撮影はカメラマンが自分達のサイトやポートフォリオ用に撮影する手段です。その為に自分が探している条件にあった方には、格安もしくは無料で撮影を頼めるのです。

デメリット
①期間が決められている
例)1月19日~21日の間で~など期間が決められている場合がほとんどです。これはカメラマンが空いている時間を利用しての撮影になる為に仕方がない事なんですね。

②募集条件が細かい
募集条件が細かく指定される事があります。例えば
例1)自宅での撮影が可能で3歳の女の子
例2)20歳までのモデル経験がある女性、色白、セミロングヘアー
などなど自分が全ての条件に合うのは難しいですね。

③WEB上に顔が出る
モニター撮影で無料で撮影できる代わりに、撮った写真を宣材写真として使わせて欲しいと言われる事が多いですね。気にならない方ならいいと思いますが、ネット上に自身の顔がのるのが嫌だという人は避けるべきかと思います。

 

7.初めて頼む方はここだけ注意!

7-1.修正費を要求してくる

出典:https://www.miraic.jp/case/

撮りっぱなしのデータをそのまま送るのはありえない話です。なぜなら撮りっぱなしの写真などをそのまま納品するのはプロの仕事とは言えません。

 

それにも関わらず、修正費の項目で別途料金を請求してくるカメラマンが多く見受けられます。

 

7-2.屋外での撮影経験は確認しておこう

出典:http://free-photos.gatag.net/

出張カメラマンを依頼する方でも屋外の撮影を希望する人も多いはず。カメラを経験したことがある人誰しも口を揃えて言うのが屋外の撮影は室内よりも困難なものになります。

 

まずは背景選びでも、経験の浅いカメラマンだと的確にお客様の希望する雰囲気の場所を見つけられず時間ばかりかかってしまいます。

 

これは筆者も経験済みで、経験の浅いカメラマンにあたってしまったらこちらから、支持するしかなく向こうからは何も提案はありませんでしたね。笑

 

他にも天候や日中などは人が多いので撮影時間が限られていたりするので、屋外の撮影を希望する場合は念密な打ち合わせが必須です。

 

7-3.個人でやっていても大丈夫?

出典:https://www.photo-ac.com

1人で運営と撮影をやっている会社の場合、予約~撮影までスムーズに行えないケースがあります。

 

なぜなら自身で撮影を行なっている為に、撮影日の設定や金額の面など決めなければ行けない項目を決めるのに時間がかかるケースがございます。

 

ベストは少数精鋭で各ジャンルにプロがいる事務所です。

8.おすすめの会社はこちら

“fotowa(フォトワ)”

全国各地に経験豊富なカメラマンが多く在籍するのがここ“fotowa”。

 

今話題の「写真を撮って欲しい人」と「写真スキルを持っている人」を撮影マッチングさせてくれる今話題のサービスです。

 

フォトワでは写真の技術はもちろんの事人間力・コミニケーション能力に優れてるいる、カメラマンを採用するなど、カメラマン個人に対するリピーターが多いのも特徴。

 

スタジオでの撮影が困難なお客様にも対応してくれて、ご自宅でも素敵な写真を撮影してくれます。

 

追加料金は一切なし!1時間〜撮影が平日の場合の料金:19,800円(税抜)。

 

料金に下記の内容が含まれています! ・75枚以上の写真データ ・フォトグラファー指名料 ・60分間の撮影料 ・出張料が無料なのは嬉しいポイント!※他の会社の場合出張料などを請求される場合がございます。

 

最短で翌日から依頼できるので、急に写真撮影が必要になった方も対応もしてくれます。

 

そして男性カメラマンが苦手な方も安心!女性のカメラマンも多数在籍しているのでご安心を。全国各地にカメラマンがいるので日本全国年中無休で対応してくれます!

 

お問い合わせはこちら⬇️

 

9.さいごに

みなさまいかがでしたでしょうか?まだあまり知られていないサービスだけに、驚きや好奇心をくすぐるような情報が得られましたでしょうか?

 

今回の記事は自身もアパレルの通販会社を運営し、写真には強いこだわりを持って仕事をする中、いろんな写真館・出張カメラマンサービスを利用して得た経験をもとに今回の記事を作成させていただきました。

 

私の場合は人物撮影や洋服の撮影がメインでしたが、取ってもらうカメラマン・写真によって売り上げは格段に違うものでした・。

 

この記事がみなさまのお役立ち・ご参考になれば幸いです*最後まで読んでいただき有難うございました!

 

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
@hisano

@hisano

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-出張カメラマン

Copyright© カメラFUNにようこそ♬ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.