出張カメラマン

“終活ブーム”遺影写真(撮影)を依頼できるおすすめ会社厳選5

更新日:

出典:http://www.irasuton.com/2013/03/blog-post_5003.html

こんにちは。カメラ&ファッションの情報サイトを運営している@hisanoと申します。

 

皆様“終活”という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

 

辞書によると、終活とは「人生の終末を迎えるにあたり、延命治療や介護、葬儀、相続などについての希望をまとめ、準備を整えること」

 

そんな中自身の遺影の写真は自分で元気な時に撮って用意しておく!そんなポジティブな撮影会が人気を集めております。

 

今回はあまり知られていない“遺影写真”についてお話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

1.はじめに

出典:http://s-happysmile.com/menu/menu-13/

1-1.遺影写真とは?

遺影写真とは、葬儀の際などに祭壇に飾る写真のことをいいます。そのあとは一般的に仏壇などの近くに置かれます。

 

そして遺影写真の選び方ですが、亡くなった時期に近い写真を選び、亡くなる前に病気などをして写真がない場合は元気な時の写真を使用します。

 

また近年では葬儀などでばたばたして決められないことも多いので、事前に写真を用意している人も多いそうです。

 

1-2.今だからこそできる事を残したい

遺影撮影をされる際いろんな思いで、写真館・カメラマンを探しているかと思います。プロの視点から今出来る事は何か。そしてお客様の最高に輝く姿を撮影してもらいましょう。

 

遺影写真は残された家族の元で励みになり個人の思い出になるものです。

 

1-3.この写真なら残したいと思ってもらう為には

遺影写真だからといって正面からスーツなど正装をして撮影に臨む必要はありません。

遺影写真は長らく家族の元に残る大切な写真なのです。その写真はどんな写真ならご家族は嬉しいでしょうか?

きっちりした写真もいいですが、笑顔の写真がベストでしょう。

そんな笑顔写真を撮る為にも、シチュエーションやポーズを変えながら撮影を進めて行きましょう。

 

1-4.ご自身、家族も感動する写真とは

ご自身もご家族も感動する写真とはどんな写真でしょうか?

 

それは遺影写真が幸せそうで笑顔であることです。

 

人生の最後に見られる写真であり、多くの方に見られるだけあって、撮影当日はカメラマンさんとしっかりとコミュニケーションを図りながら撮影に臨みましょう。

 

2.遺影写真撮影会が人気

出典:http://c-ureken.com/works/741/

もともとは遺影の写真撮影をするサービスは都内の葬儀会社ではじめたサービスになります。

 

元気なうちに家族と一緒に楽しく遺影の写真を撮っておこうじゃないかと、ポジティブな気持ちで始められ、現在ではこのサービスを利用する人も年々増えております。

 

普段体験することができないプロのカメラマンの写真に触れることができ、ヘアメイクなどのオプションサービスをつけて最高の写真に仕上げてもらうことができます。

 

3.おすすめの会社厳選5

3-1.quatrephoto(キャトルフォト)

経験豊富なカメラマンが多く在籍するのがここ“quatrephoto”。

 

新しく始めたカメラマンの派遣・出張サービス「キャトルフォト」は多くのお客様から支持を得て、年間600件を超える撮影実績。

 

業界では珍しい1時間からの撮影が可能!お見積もりフォームに簡単に入力するだけで、すぐにお客様の要望にあったカメラマンを派遣してくれる、新しいスタイルのカメラ事務所。

 

キャトルフォトでは写真の技術はもちろんの事人間力・コミニケーション能力に優れてるいるカメラマンを採用するなど、カメラマン個人に対するリピーターが多いのも特徴。

 

スタジオでの撮影が困難なお客様にも対応してくれて、ご自宅でも素敵な写真を撮影してくれます。

 

またカメラマンにお願いすると、ややっこしくなってくるのが料金ですが、1時間¥15,000〜でカット数無制限で、全カット画像修正・納品と追加料金が発生する事がありません。
※他のカメラマンサイトの場合、修正や枚数制限があり、別途料金が発生する場合があります。
最短で翌日から依頼できるので、急に撮影が必要になった方も対応もOK。

 

そして男性カメラマンが苦手な方も安心!女性のカメラマンも多数在籍しているのでご安心を。

 

 

 

 

3-2.STUDIO UP(スタジオアップ)

人気のヘアメイクサービスはほとんどの方が利用する、人気のサービス。

 

人気の秘密は大手の老人ホームなどで企画などでヘアメイクに携わったベテランスタッフが常駐しています。

 

撮影中なども、ヘアメイクの直しなどを行ってくれるので、女性に支持されているのもわかる気がしますね。

 

 

 

 

3-3.ハッピースマイル

遺影写真とは縁起が悪いしあまり考えたくない・・

 

そんな概念を変えてくれたのがハッピースマイルさん。今では元気な時に写真を撮って欲しい!と思う方も増えてきています。

 

プロにお任せの“撮影データプラン”(¥15,000)が人気です!

 

 

 

 

3-4.えがお写真館

全国的にも珍しいシニア世代専門の写真展です。

 

専属のカメラマン、ヘアメイク、スタイリストのプロ集団は、当日にカウンセリングしあなたのイメージを具現化してくれます。

 

時間をかけてヘアメイクを行い気に入ったお洋服を着ての撮影は、多くの人から“いいね”の評価をいただいています。

 

メモ

えがお写真館はスタッフが若いのが難点だった・・とのお声も。たしかに自身の写真を撮っていただくのに経験豊富なベテランカメラマンがいいと思うのがお気持ちだと思います。そういった声もありましたので、どんなカメラマンが在籍しているかも写真館を選ぶポイントのひとつですね。

 

 

 

 

3-5.セイタ写真館

 

女性の方に向けてのサービスが多い遺影写真ですが、セイタ写真館では男性の方にも“ダンディー”に“かっこよく”をサービスにかかげ、男性の方にも人気の写真館です。

 

自分たちの“じぶんらしさ”を写真にだせるように、お客様により丁寧に寄り添ったサービスで対応していただけます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

4.遺影写真の選び方

 出典:http://iei.sozaiya.com/archives/11943548.html

お葬式の際に必ず必要となる遺影写真。その遺影写真がどのように用意されているかご存じでしょうか?人間自分の寿命などわかりませんね。

生前に自分んで用意している人もいますが、ほとんどの方が事前に用意がなく、後日遺族の人が生前の写真を選んで遺影写真ににするケースがほとんどです。ここではどんな遺影写真が良いのか選び方をお伝えしていきます。

 

その人らしい故人の人柄がわかる写真

遺影写真といっても必ずといった撮り方や決め事がありわけではございません。ここでオススメしたのが故人の人柄が一番わかる写真を選ぶ事を重要視しましょう。

毎日笑っている人ならニコニコした写真。厳しい顔をされた方でしたら、そのひとらしく無理して笑顔の写真を選ぶ必要はございません。遺影写真は亡くなった後も毎日拝みにいく大切な写真です。普段接していたときの故人の表情がわかる写真にしましょう。

 

表情豊かな故人の写真

まず遺影写真を選ぶ際に重視したいのは前述でものべた通り“故人の人柄がわかる写真”になりますが、家ではいつも厳しいお父さん、でも外ではとても明るかった場合もございます。遺影写真を家族を考慮して選ぶものですが、会葬者の同意を得られる写真であるのも重要です。

会葬者がどのように故人と接していたのか、どのように故人の事を思っていてくれたのかも考慮しましょう。

 

ピントがあっている写真を選びましょう

遺影写真は原本を引き延ばして使用するために、ピントがあっていない写真を選んでしまいますと、見た目以上にぼけてしまいます。今では少ないと思いますがしっかりと考慮しましょう。

 

遺影写真の大きさは?

遺影写真を選ぶ際に気をつけていていただきたいのが、写真の大きさ。その中でも故人の顔の大きさに注意して写真を選びましょう。小さい写真を選んでしまいますと、出来上がりでぼけてしまい丁度良いと言われるサイズが、「顔が親指より大きい」写真です。

それ以上に大きくなってしまっても綺麗に写すことはできませんし、顔の大きさで合わせてしまっても、ピントが合っていなければ台無しです。ピント→顔の大きさで決めていくのが最適な写真選びの方法です。

 

遺影写真の背景選び

遺影写真では背景に人や物が写り込んでいない、1人での写真が基本となります。現在の写真加工技術でどうしても1人で写っている写真の用意が難しい場合は、背景の修正も可能ですが、技術料として取られる場合がございます。

 

 

5.遺影写真を中々撮らしてくれない親には

出典:http://free-photos.gatag.net/

4-1.親の遺影写真はナチュラルに伝える

両親も“遺影写真”を撮りに行こう!や最後の写真だからと伝えるのはNGです!

なぜならご高齢になった両親も自分の最後の写真を撮りたいなんて考える訳ありません。そんな時は「お母さんの元気で若々しい時に一緒に写真を撮りたい」やお孫さんがいらっしゃる場合は「孫がお婆ちゃん・お爺ちゃんと写真を撮りたがっている」などポジティブな内容で誘ってあげましょう。

遺影写真といっても、免許証やパスポートなどの写真に使う事もできるのです。

元気な時の両親の写真は残された親族の宝物となります。ぜひ元気な内に誘ってみましょう。

 

5-2.遺影写真を準備したいと親に言われたら?

前述とは異なり両親から写真を準備したいと言われたケースです。その場合は喜んで写真撮影の望みましょう。

その場合は一人で撮影するのではなく、親族や中のいい友人など大勢で賑やかに撮影する事で明るく撮影する事ができます。

 

5-3.遺影写真の服装は?

その人が一番気に入っている服装で臨みましょう。昔の遺影写真といえば和装が一般的でしたが、現在では和装から洋装にかわり、故人が普段慣れ親しんで着用していた服装で撮影するのが一般的とされております。

 

しかしパジャマ姿や、下着姿など一般的に好ましくない格好では遺影写真にできませんのでご注意ください。その人が普段から帽子を着用する人や、スポーツウエアや全身ピンクの服装でも構わないのです。

 

自分の大好きな洋服を着ている時が一番ハッピーになれる時なのです。自然体で撮影に臨むのが一番好ましいでしょう。

 

5-4.遺影写真を準備する年齢は何歳から?

遺影写真をいつに撮っていいかわからないものです。それは人の寿命は誰にもわからないからです。

そんな時は免許やパスポートの更新などと一緒で5年10年と自分で節目を感じた時に撮影することをオススメします。きっといい顔になっていくでしょう。

 

5-5.遺影写真の撮影時間はどのくらい?

平均時間は90程と言われております。なぜなら普段自分個人を集中して撮られる機会などほとんど無いために、撮影前にカウンセリングを兼ねてカメラマンとお話ししながら撮影を進めていくのが一般的です。

①カウンセリング 20分〜

②親族・ご友人と撮影 40分〜

③ご本人様撮影 20分〜

 

6.予約

出典:http://www.chuoh.com/blog/toyotakita/2016/10/

まずは電話やメールにて撮影の希望日を伝えましょう!そしてその際に写真撮影の他にオプションサービスを利用する際は利用する旨を伝えておきます。

 

一般的に利用されるオプションサービスは“ヘアメイク” “フォトアルバム” “衣装の貸し出し”などが代表的なサービスです。

 

7.メイク

出典:https://www.asoview.com/

生涯残る写真だけに、プロの方にメイクをしてもらったら、10歳若返った!などオプションで利用される方がもっとも多いサービスです。

 

また事前に当日の洋服のイメージなどを伝えておくと、そのイメージにあったプロのワンポイントメイクを体験できます。

 

8.撮影

出典:http://mahoroba19.com/archives/4618

いざ撮影!最初は緊張しながらの撮影だと思いますが、プロのカメラマンが自身が1番綺麗に写る角度から撮影してくれます。

 

9.撮影データをセレクト

出典:https://vvstore.jp/i/vv_000000000126888/

30〜40カットの中から自身とカメラマンによってセレクトした写真を選び、レタッチ(修正)後納品してもらいます。

 

希望の方は全カットのデータも購入可能です。

 

10.お届け

出典:https://pay242.com/np-postpay-is-safe/

約1週間〜10日前後で写真の納品となります。その際にオプションで台紙に貼った写真の納品だった場合などはお届けまでの日数がかかってしまう場合がございます。

 

11.さいごに

みなさまいかがでしたでしょうか?

 

昔は遺影の写真なんて縁起でもないから考えたくない!なんて方がほとんどでしたが、現在はポジティブに考えている人がほとんどなんですね。

 

実際に撮影の際に、孫なども呼んで一緒に写真を撮るなど楽しく撮影会をする!そんな機会だと思って是非利用してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@hisano

@hisano

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-出張カメラマン

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.