Fashion ファッションコラム

【2019SS】メンズシャツの夏おすすめコーデ24選

更新日:

出典:https://gqjapan.jp/fashion

こんにちは。カメラ&ファッションの情報サイトを運営している@hisanoと申します。

 

夏のファッションはなんかシンプルになりすぎて苦手だ・・と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

夏のファッションは軽装でいいので、毎日新しい洋服を楽しむこともできますね♫しかし軽装で楽しむことができる夏のファッションもシンプルすぎると周りからは“ダサい”と思われてしまうかも・・

 

そんなお悩みを解決してくれるのがメンズの定番アイテムでもある“シャツ”

 

いきなりシャツがおすすめと言われても、どう着こなしていいかわからない、、
そんな方のために襟付きシャツの絶対に失敗しないコーディネート術をお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

 

1. この夏は「白シャツ」がメンズにオススメ

コーデの詳細・購入はこちら

夏場にシャツを着ない人は、暑いのにシャツなんて着たくないよ・・と思っていた方も多いはず。

 

しかし現在販売されているシャツは、綿の中に麻が入っている通気性のいいアイテムだったり、Tシャツより涼しく着用できる場合もございます。

 

そんなシャツでまず最初にオススメしたいのが“白シャツ”です!この白シャツなのですが、清涼感があって夏場にはもってこいのアイテムなのですが、どんなボトムスとも相性がよく、一枚羽織るだけでコーディネートが完成される万能アイテムなのです。

 

そんな白シャツは女子目線でも、男性に来て欲しい服ランキングでも常に上位!

 

しかも夏以外でもジャケットやコートのインナーとしても着用できるなど、コストパフォーマンスはめちゃくちゃ良いのです。

コーディネート例

ここからは白シャツを使ったコーディネートを記述していきます!みなさまのライフスタイルをイメージてご覧ください。

 

■白シャツ×ブラックスキニー

コーデの詳細・購入はこちら

清涼感あふれる白シャツにブラックスキニーをあわせた“エレガント”なスタイリング。

 

夏場でどうしてもカジュアルになってしまうファッションですが、少し背伸びをした大人スタイリング。

 

■白シャツ×ウインドペン柄


コーデの詳細・購入はこちら

白シャツにすこし変化を加えたのが、ウインドペンと言われるチェック柄のシャツ。

 

2015年の夏にメンズファッション市場でも大流行し現在までも人気が衰えることはありません!

 

シンプルになりがちな夏のコーディネートのアクセントになります。

 

■白シャツ×モノトーンアイテム

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でもモノトーンでコーディネートしたい!そんな方におすすめのスタイリング。

 

全身を“白”“黒”の2カラーで揃えていることで、コーディネートに統一感を演出することができます。

 

髪の毛の色が黒髪の方などは、より雰囲気に合うのでおすすめです。

 

2. 女性受け抜群!「シャツスタイル」の印象

出典:https://sputnicks.jp

男性ならどうしても気になるのが女子からの印象!前述でも記載した通りメンズのシャツ姿は嫌いな女の子が少ないアイテムとして認知されております。

 

そんなメンズのシャツ姿について女性の本音を探ってみました!

 

 

【女性に聞いたシャツの着こなし方 の好き or 嫌い】

出典:http://kakaku.com

女子からの意見でもっとも多いのが、メンズがシャツを着ていると“清潔感があり、爽やかな印象がある”その中でも白シャツは爽やかな雰囲気をより強く演出できるので人気らしいです!

 

さらにメンズのシャツ姿が人気の秘密としては、“袖をまくった時の腕が男らしい”“くしゃくしゃなシャツが子供っぽくて可愛い”など女性からは様々ではありますが、好印象らしいですね*

 

・ボタンを1つ開ける

コーデの詳細・購入はこちら

第1ボタンまで締めるのはNGと話す子が多い一方、1番人気だったのがシャツの第1ボタンは開けるスタイル

 

きっちりしすぎず、カジュアルすぎないのが人気の秘密?

 

・ボタンを2つ開ける

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなデート、特に海辺など歩く時は第2ボタンぐらいまであけてカジュアルに着こなして欲しいとの声が。

 

第2ボタンまであけて見える男性の喉元・胸元がセクシーと女性からは好印象◎

 

・ボタンをすべて開ける

コーデの詳細・購入はこちら

街のショッピングデートなどではボタンをあけてカジュアルに着こなすのも◎その際はインナーもボーダー柄だったり、シンプルになりすぎないように柄物を加えるのがポイントです。

 

3. 主な”シャツ”の種類とは?

コットン(綿)シャツ

コーデの詳細・購入はこちら

シャツでももっとも多く使用されている素材であり、下着やTシャツなどで使用されていることが多く、汗などの吸収性も◎

 

熱を適度に逃がしてくれ、きっちりとした感じを軽減することができます。

 

【コットンシャツのコーデ例】

■コットンシャツ×スラックス

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなコットンシャツもスラックスと合わせることで、エレガントさをプラス。足首をみせる絶妙な丈のバランスが◎

 

麻混シャツ

コーデの詳細・購入はこちら

コットン(綿)リネン(麻)が入った生地。リネンが入っていると通気性がよく涼しいのと、リネン特有の風合いが普段のシャツコーデを一段と格上げしてくれます。

 

【麻混シャツのコーデ例】

■麻混シャツ×ボーダーカットソー

コーデの詳細・購入はこちら

カーキは男らしいさを感じさせてくれるカラーです。リネン100%のシャツは夏場まで使える万能シャツ。

 

通気性がよく、日が当たるとさりげない光沢感を演出してくれます。

 

黒スキニーパンツと合わせてミリタリー風に決めましょう!

 

デニムシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

デニムGジャンやデニムパンツ、どれも暑苦しいイメージのアイテムだが、デニムのシャツは夏場でもデニムコーデを楽しみたい方のマストなアイテム。

 

このシャツのようにデニム風のシャツは今期流です*

 

【デニムシャツのコーデ例】

■デニムシャツ×ブラックパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

涼しげなブルーのシャツにブラックパンツをあわせたスタイリング。まさに大人カジュアルの定番コーディネートです。

 

オープンカラーシャツ(開襟シャツ)

コーデの詳細・購入はこちら

襟がしっかりと空いているシャツは、フロントを開けて、Tシャツやカットソーの上に羽織るのなど対応力抜群のアイテム。

 

 

【オープンカラーシャツのコーデ例】

■オープンカラーシャツ×モノトーンアイテム

コーデの詳細・購入はこちら

シャツの抑えられたトーンに合わせて、ボトムス・シューズもあわせてお落ち着いた大人の雰囲気を演出しています。

 

足元をカジュアルなスニーカーであわせても、カジュアルになりすぎないのはトップスのシャツの着こなしがあるからと言えるでしょう。

 

ポロシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

もともとはゴルフやテニスのウエアとして着用されていたことから、スポーツ要素の強いイメージが強いシャツ。

 

襟があり、ボタンがあるデザインが特徴です。

 

【ポロシャツコーデ例】

■ポロシャツ×革靴

コーデの詳細・購入はこちら

細身のデザインがカッコいいです!

 

黒のスタイリッシュなポロシャツに、白のスキニーをあわせたスタイリッシュなコーディネート。

 

白と黒の2色で色を使いすぎてない点も◎

 

スキッパーシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

首元に大きく切り込みがはいったデザインが特徴的なシャツ。大人のリラックスしたスタイリングにも使えます。

 

【スキッパーシャツのコーデ例】

■スキッパーシャツ×デニムパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

リラックス要素の強いスキッパーシャツにデニムパンツをあわせたリラックススタイル。足元もロールアップし今年流。

 

足元はしっかりと黒のローファーで締めている点がコーディネート全体のバランスを良くしています!

 

プルオーバーシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

プルオーバシャツとは肩の落ちるトレンドのオーバーサイズでできている為、トレンドのアイテムになります。

 

ラフさが魅力のシャツなので、休日などにラフに着こなしたい方におすすめです。

 

【プルオーバーシャツのコーデ例】

■プルオーバーシャツ×デニムパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

細すぎず太すぎないサイズ感のシャツ・ボトムスの合わせが大人の余裕を感じさせてくれるスタイリング。

 

シンプルなスタイリングが◎

 

ボタンダウンシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

名前の通り襟元にボタンが付いており、シンプルかつエレガントにも着用できるアイテム。首元にボリュームを出せるのでジャケットなどのインナーとしても最適です◎

 

【ボタンダウンシャツのコーデ例】

■ボタンダウンシャツ×ブラックスキニーパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

ボトムスをブラックスキニーパンツで合わせることで、コーディネートがよりスタイリッシュに見えます。

 

無地アイテムの組み合わせですが、トップス・ボトムスともにジャストサイズのアイテムをチョイスすることでコーディネートが一段と格上げして見えます。

 

レギュラーカラーシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

シャツの定番の形でもあるレギュラーカラーシャツ。襟の羽の開き具合が70~90度前後ぐらいになっているのが特徴です。

 

【レギュラーカラーシャツのコーデ例】

■レギュラーカラーシャツ×モノトーンアイテム

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなシャツだからこそ、シンプルなアイテムとの相性が◎全身を細身のアイテムで合わせたIラインコーデは大人のカジュアルスタイルのお手本ともいえる組み合わせです。

 

バンドカラーシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

一見襟がないシャツに思われがちですが、襟まわりにバンドが巻いてあるように見えるのがバンドカラーシャツの特徴。

 

襟の主張が少ない分、重ね着にも使われることが多いシャツです。

 

【バンドカラーシャツのコーデ例】

■バンドカラーシャツ×リラックスパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

バンドカラーシャツをスタイリッシュに着用し、ボトムスはルーズのタイプのデザインを。足元のサンダルがより、夏らしいスタイリングに仕上げてくれています。

 

ワイドカラーシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

衿の羽開きが100~120度前後と衿が外側に大きく開いているのが特徴のシャツ。個性的なシャツだが着こなすのも一癖あり。

 

【ワイドカラーシャツのコーデ例】

■ワイドカラーシャツ×白スニーカー

コーデの詳細・購入はこちら

エレガントの要素の強い、ワイドカラーシャツも、白スニーカーとあわせてカジュアルダウンしております。

 

スラックスとの合わせが、大人の余裕を感じられるスタイリングです。

 

シャツコート

コーデの詳細・購入はこちら

まるでアウター感覚で着れるシャツになります。春や秋など肌寒いときにライトアウターとして着ることができ、シャツなので洗濯も可能とオシャレさんの定番アイテムです。

 

【シャツコートコーデ例】

コーデの詳細・購入はこちら

細身のシャツコートに、スキニーパンツをあわせてスタイリッシュに仕上げたコーディネート。

 

カジュアルになりすぎないように革靴や、サングラスで知的なイメージは好印象のスタイリングです。

 

スポンサーリンク

4.【メンズファッション】シャツの着こなし方?

シャツは着こなしが幅広いアイテムです!

出典:https://smartlog.jp/129333

シャツのことはわかってきたけど、いざ自分ひとりになったときにどう着こなしていいか不安?だってシャツっていろんな着こなしがありそう・・

 

そんな不安をなくすためにも代表的なシャツの着こなし3パターンを紹介していきます。

 

カジュアルに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

余裕があるサイズ感は大人っぽさを感じさせます

 

トップス、ボトムス共にゆったりとしたサイズ感で合わせたコーディネート。

 

ぴっちりさせすぎない、新感覚のスタイリングです。

 

キレイめ(フォーマル)に着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

難しい白のボトムスのコーディネートは、白に近い色味と合わせてあげるのがポイントになります。

 

インナーにグレーのTシャツを差し込む事で中和が取れ、ネイビーのシャツを引き立ててくれる効果が生み出せます。

 

レイヤード(重ね着)して着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

レイヤードスタイルの定番でもあるスタイリングは縦、すなわち着丈の長さのスタイリングが主にだったが、このコーディネートではそで丈の長さで上手く重ね着をしています。

 

ネイビーとグレー。ホワイトとブラックなど相性の良い色の組み合わせが光るコーディネート。

 

さりげないボディバックの合わせが、このコーディネートを格上げしてくれます。

 

5. メンズのシャツ絶対失敗しない注意点

サイズ感に注意!
出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/spu/

気をつけていただきたいのが、シャツの肩幅身幅のサイズ感です!肩幅と身幅が大きいとダボっとした印象になり、とくに体の線が細い方は注意したほうが良いです!

 

これはあくまでキレイにシャツを着こなすためのアドバイスになり、逆に肩幅・身幅のサイズを大きいサイズを選ぶ着こなし方もあります。

 

そんなシャツのサイズ感別にコーディネートを紹介していきます。

 

ジャストサイズに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

シンプル且つエレガント、爽やかな印象も与えられ◎どんなシーンでも対応できそうなスタイリングはジャストサイズに着こなすお手本のスタイルだ。

 

オーバーサイズに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

シャツのコーディネートにアクセントを加えたコーディネート。シンプルなアイテムの組み合わせでもサイズ感をオーバーサイズに着こなすことで、普段の装いとは変わった着こなしができます。

 

この際に気をつけていただきたいのが、サイズを中途半端に大きくするのではなく、おもいっきり大きいサイズ感にチャレンジすることがオススメです。

 

6. メンズシャツのおすすめコーデ24選

夏のシックなスタイリング

コーデの詳細・購入はこちら

ダークトーンでうまくまとめたスタイリングです。

シャツを合わせる事で、フォーマルな要素をプラスでき夏場で懸念されがちな、カジュアルダウンしすぎたスタイリングを回避できます。

絶妙なトップスのゆとりあるサイズ感も

 

ハーフパンツにシャツは高相性?

コーデの詳細・購入はこちら

大人になっても夏の定番はハーフパンツを使ったスタイリング。

トップスをシャツで合わせる事でカジュアルダウンしすぎないよう考慮されております。

膝上くらいのパンツの丈が

 

夏場にカーキもありかもしれない。

コーデの詳細・購入はこちら

夏場のカーキの色味を使ったコーデは、人と被りにくさ、独自性、真新しいさなどプラスの要素が多数働きます。

シルエットもゆるコーデなので大人っぽさを演出する事ができます。

 

ストライプのシャツをオーバーサイズに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
ダボっとしたシルエットに女子は弱いかも、笑

 

シンプルなTシャツとボトムスにはアクセントで、ストライプのシャツなどを取り入れるのがマスト!

トップスが大きめのサイズなので、ボトムスはスッキリシルエットのパンツで合わせるのが正解。

 

大人シャツスタイルは爽やかさが大事

コーデの詳細・購入はこちら

淡い色味のシャツをメインにキレイ目のチノパンと合わせたコーディネート。

ボトムスとシューズの色味があっておりコーディネートに統一感があります。

 

ライトブリーチデニムで爽やかに

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
デニムを履いてても重たく感じない色味ですね♫

 

オープンカラーシャツにバックはサコッシュ!今年の夏の人気の組み合わせです。

トップスがルーズな分、スキニーデニムでスタイリッシュに仕上げましょう。

 

女子受けも抜群?ピンクシャツコーデ!

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
淡いピンクは是非チャレンジしてほしいカラーです♫

 

淡いピンクのシャツもブラックスキニーと合わせる事で、上品なスタイリングに。

足元も革靴で合わせれば、デートなどにも最適なコーディネートです。

 

フードシャツが今年の夏を賑やわす?

コーデの詳細・購入はこちら

フード付きのシャツはライトアウターとしても使える、この時期なお助けアイテム。

またボトムスに今季の人気カラーのグリーンを持ってくる事でトレンドも抑えております。

 

シンプルな時は小物で見せる

コーデの詳細・購入はこちら

ポロシャツにスキニーパンツをあわせたシンプルなスタイリング。

シンプルなスタイリングの時こそ小物を活用したスタイリングが有効に。

伊達眼鏡に腕時計がコーディネートの中でも目立って

服装がシンプルなだけに、小物も派手過ぎないのを選ぶのがポイントです!

 

ジョガーパンツで今風のスタイリング意識

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
ジョガーパンツスタイリッシュさが女子受けしますね♫

 

トップスのシャツをルーズに着用することで、流行りのストリート感をプラス。

ジョガーパンツのスッキリしたシルエットのおかげで、トップスをルーズに着こなしても最適なスタイリングの完成です。

 

ガウチョパンツで個性を演出

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
グレーのガウチョパンツならコーディネートに取り入れやすいです♫

 

淡いオレンジのシャツに合わせたのがグレーのガウチョパンツ。

有彩色のシャツに無彩色のボトムスを合わせるのは、コーディネートの基本原則です。

足元もスポーツサンダルで軽快に!

 

全身を淡い色でコーディネート

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
優しいベージュのシャツが好印象です♫

 

ベージュのシャツに合わせたのが麻が混じった清涼感あるボトムス。

見た目の色だけでなく、快適に過ごせる夏パンツです。

全体のぼんやりした雰囲気をブラックのシューズで締めてる点も◎

 

夏素材のシャツは一枚で主役級

コーデの詳細・購入はこちら

夏素材のシャツにストライプのボトムスを合わせた、大人カジャアルコーデ。

7部袖のシャツなので夏場まで活躍してくれる事間違いなし。

全体のバランスもスタイリッシュに決まっております。

 

ZIPシャツは夏のサマーアウター!

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
ZIPシャツを羽織るだけでオシャレに見えます♫

 

夏のコーディネートに迷ったら、ZIPシャツを羽織るだけでオシャレなスタイリングの完成です。

インナーに明るめのTシャツを取り入れて、夏らしいスタイリングに仕上がってます。

 

個性を出す幾何学柄のシャツをチョイス

コーデの詳細・購入はこちら

個性的な印象を与えつつ、どこか未来的且つタウンユースな雰囲気を演出してくれます。

トップスで色を使いすぎてるので、ボトムスはシンプルに単色のを合わせるがマスト。

すぐにでも着て出かけたくなるコーディネートは今週末のお出かけにいかがでしょう?

 

短めの丈感が大人の雰囲気に

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
シャツの丈の長さで印象が変わりますね♫

 

シャツの丈の長さをヒップにかからないようにする事で、脚長効果、スタイルがよく見えます。

夏の定番アイテムでもある白スニーカーてま合わせたら、2019夏のスタイルの完成です。

 

イタリアンカラーポロシャツで個性的に!

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
夏のカラーポロシャツは派手ではないね♫

 

立ち襟タイプのイタリアカラーのシャツに、デニムパンツと、大人の男性をイメージしたコーディネート。

足元を白スニーカーで外すのがイタリアンスタイル。

 

知的な大人の“小物”使い

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルな素材のシャツの上に、ベストを羽織るだけでコーディネート力が一気に上がります。

シンプルな文字盤の時計や、伊達メガネなどの小物使いが知的な大人の雰囲気を感じさせてくれます。

 

清潔感なら白のボトムスで決まり!

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
ホワイトとベージュの合わせがオシャレです♫

 

7分丈のポロシャツにスタイリッシュなボトムスを合わせたコーディネート。

足元をフォーマルなシューズにする事で、エレガントなスタイリングの完成です。

 

同系色でまとめる事でオシャレコーデに変身

コーデの詳細・購入はこちら

寒色系のシャツとニットで上半身をまとめる事で、スタイリングがまとまって見えます。

上半身にポリュームがあるので、ボトムスはシンプルに細身のタイプで合わせるのが鉄則です。

 

爽やかな印象を与える魔法の柄

コーデの詳細・購入はこちら

相手に爽やかな印象を与える事ができる魔法の柄。それこそマリンボーダー柄なのです。

全体が重たい雰囲気のコーディネートになった場合でも、インナーに差し込むだけで雰囲気を和らげてくれます。

全身での購入はもちろんのこと、単品のアイテムでも持っておきたい一枚だ。

 

渋めの配色で見せる大人カラーリング

コーデの詳細・購入はこちら

若者のトレンドでもあるオープンカラーのシャツを落ち着いたカラーのタイプで合わせれば大人のスタイリングの完成です。

トップスがルーズなシルエットな分ボトムスはスタイリッシュなタイプで正解

 

落ち着いた色味でみせる大人スタイル


コーデの詳細・購入はこちら

落ち着いた色味にゆったりとしたスタイリングが大人の余裕すら感じさせます。

難しい色の組み合わせに見えますが、淡い色通しの組み合わせなのでコーディネートを中和してくれます。

首からかけたサコッシュもコーディネートのアクセントに!

 

淡いパープルは今年の夏カラー

コーデの詳細・購入はこちら

癒しちゃん
優しい色味のシャツを着てる男性は好印象です♫

 

淡いパープルのシャツをメインにスタイリッシュにスタイリングされております。

フルレングスのボトムスでも白スニーカーで外せば、重たい雰囲気を解消してくれます。

 

7.さいごに

みなさまいかがでしたでしょうか?シャツと言ってもいろんな種類、いろんな着こなし方がありましたね!

 

実際に手持ちのシャツに合わせてコーディネートを考えるのもよし今年流行の形のシャツをワードローブに加えるのも毎日出かけるのが楽しくなりそうですね。

 

シャツは年間通して使える万能アイテムです!そしてまだまだ暑い時期は続きます・・。!

 

そんな暑い夏を楽しむためにも自分にあったシャツをいち早くGETしちゃってくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!!!

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@kaname

@kaname

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-Fashion, ファッションコラム

Copyright© メンズファッションマガジン“服ログ” , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.