エンタメ

【完全決着】大手キャリアVS格安スマホ!あなたにあったプラン教えます!

更新日:

出典:https://おすすめの格安simと格安スマホ.com

みなさんこんにちは。カメラ&ファッションの情報サイトを運営しております@hisanoと申します。

さて今や国民のほとんどが持っているスマートフォン。そのスマートフォンですがどんどん値下げ競争がされておりどの会社・どのプランがお得か分からない・・。

そんなかたの為に今回の記事を執筆しました。

まず言っておきたいのが格安スマホにすれば必ずしもお得になるとは限らないのです!

選び方のポイントはそれぞれのライフスタイルに合わせる必要があります。この記事さえ読めばスマホ代金の節約はもちろんの事、正しいキャリア選択のお手伝いになります。

それでは行ってみましょう!!!

スポンサーリンク

 

1. 格安スマホとは?

出典:https://mypocket.ntt.com/

スマートフォンと格安SIMカード(通信プラン)を組み合わせ、月々の支払料金を抑えているスマートフォン・プランのことを言います。

通信データ量や機能などを制限もありますが、端末料金(24回払い)と通話料金プラン合わせて2000円台が中心価格帯となっている低料金が魅力です。

新規モバイルサービス会社により始められ、「イオンモバイル」「楽天モバイル」など大手の参入で一気に広まりました。

2. 格安スマホにすればお得になるのは嘘?

出典:http://simfree-info.net/?p=163

格安スマホにすると値段が安くなると思って、すぐに格安スマホに乗り換えてみたけど、携帯電話の料金が余計に高くなった人もいるのも事実です。

なぜなら格安スマホはスマートフォンで電話をメインに使う人でしたらメリットがありますが、普段インターネットをメインに使う人は逆に高くなってしまうのです。

LINEやSkypeなど無料で通話ができる時代に通話をメインに使う人は多くないと思います。それよりもインターネットをメインに使う人ならソフトバンクのギガモンスタープランやauのピタットプランの方が月々の携帯代金は安く抑えられます。

 

格安SIMのメリットは?

出典:https://www.irasutoya.com

格安SIMの良い点は、毎月のスマホ料金は安くなる(通話メインの方)ことや、自分のライフスタイルにあったプランを取捨選択できます

しかし最適なプランを選択することがお得に使うための条件であり、自身で最も最適なプランを選択できる方におすすめです。

最大のメリットは大手キャリアを契約した際に最も懸念される「2年しばり」格安SIMにはございません。全くもって縛りが無い訳ではございませんが、短くて6ヶ月最長でも12ヶ月と短めで設定されており、料金プランが気に入らなかった場合でも他者に乗り換える事ができます。

さらに大手キャリアのような解約金が発生しない点も格安スマホのメリットと言えるでしょう。

格安SIMのデメリットは?

出典:https://www.irasutoya.com

格安SIMにもデメリットもございます。しっかりと抑えておきましょう。

まず、前節でも申した通りギガ数などを多く使う人は、大手のキャリアを使ったほうがお得になるでしょう。格安スマホはあくまで通話がメインの方が安くなる媒体で、インターネットメインの方には不都合になるケースがほとんどです。

支払い方法もクレジットカードに限定される場合がほとんどです。今まで銀行の引き落としや、コンビニ支払いなどにしていた方はクレジットカードを契約する必要があります。

また一度クレジットカードで携帯電話の引き落としをしてしまうと、クレジットカードの解約をした場合などには携帯電話の引き落とし先の変更をしなければいけないなど、手間が発生します。

他にも大手キャリアのように、家族全員で加入した際の大幅割引の「家族割」や「ギガ数使い放題」などが存在しないのが格安スマホの普及を妨げていると考えられています。

そして大手キャリアに契約をしてしまっている人が、格安スマホに切り替えたくても「解約金」「端末の分割料金」などが残っていて中々踏み出せない中、その間に大手のキャリアも料金プランを見直して、格安スマホとあまり変わらなくなってしまいました。

 

 

3.大手キャリアのおすすめプラン

3-1.softbank/ソフトバンク

出典:https://www.softbank.jp

月額¥3,480で50G!SNSはギガ数が消費されない最強プランです!!!

今やスマートフォンは電話がメインというよりは、パソコンがわりに使ったりお気に入りのアーティストの曲を聴く好きなyoutuberの動画を見るなど使用用途が変わってきています。

そんな方にオススメなのがソフトバンクのギガモンスタープラン!

若い子には嬉しい「動画SNS見放題」なので一番容量を必要とする、コンテンツを見るのにギガ数がかからないのです。また50Gもあるので携帯でデザリングすれば家にインターネットの回線も引く必要がないですよね。

インターネットの代金だけでも月々¥6,000〜近く払っている人も多いはず!まとめてしまえば年間でインターネット代金だけでも¥72,000(月々¥6,000払っている場合)節約になるのです。

月々¥3,480で契約するには必須条件があります!その条件とは家族4人以上での契約で初めて大幅な割引率が適用されるようになります。

ただし上記の表を見ていただいてもわかる様に、家族全員で加入が難しくてもいろんな割引が適用されてかなり安く携帯電話を契約することができます。

家族全員での契約は難しい・・・一人での契約になりそうな方は下記の表をご参照ください。

 

まず単身での契約の場合は¥5,480での契約になり、カップルや新婚さんなどは¥4,980 になります

前節でも申した通り、このソフトバンクのプランはギガ数が50Gと今までの携帯電話会社のプランでは考えられないくらい大容量のプランなのです。

なので単身でインターネット回線を引かなければかなりお得に携帯電話の料金を抑えることができ、ライフスタイルをより豊かにしてくれます。

例)今までの単身の方の家計簿

¥6,000(インターネット代金)+¥8,000(携帯代金)=¥14,000

例)ソフトバンクのギガモンスターに変えた場合

¥5,480(インターネット代金+携帯代金)=¥5,480

¥14,000-¥5,480=¥8,520(月々)お得に!年間にすると¥102,240節約に!!!

ウルトラギガモンスターの詳細はこちらをクリック!

 

3-2.au/エーユー

出典:https://www.keitai-center.com

使った分だけ請求される!使わなければ¥1,980〜と自分次第!!!

前節でソフトバンクをおすすめしておりますが、筆者はauを使っております。なぜauを筆者が選んでいるかを詳しく解説していきます。

みなさま2016年4月から電力会社が自分で選べる“電力自由化”がスタートしましたね。auの強みはau電気というauが運営している電力会社があるという事です。

この説明だけだと良くわからないと思いますが、まず筆者の名義で携帯電話を3台契約しております。まず普段仕事でもバリバリスマホを使う筆者とLINEやインターネットの閲覧、ラジオを楽しむ両親の3台になります。

先に月々の携帯代金を言いますと・・・

筆者(¥6,000〜6,500) 両親(¥3,258)

とこれだけでもかなりお得です!

この料金に設定するために筆者は“au携帯” “au光” “au電気”と電力自由化のタイミングで全てauに切り替えてしまったのです。

またインターネットのau光に代理店から申し込んだ際にキャッシュバックとして¥60,000をもらえるなど臨時の収入もあったのでまさしく携帯料金も抑えられ、現金も貰えると2度美味しい思いをしたのです!

そして“au携帯” “au光” “au電気”をまとめる事で、支払いの料金によってポイントも給付されるなどかなり使った分だけ、ポイントの還元率もいいのでauにしました。

支払いの際も「myau(マイエーユー)」からまとめて確認ができるので、どこにお金を使いすぎているのかもすぐに確認でいるので使いすぎる心配もございません!

ピタットプランの詳細はこちらをクリック!

※ピタットプランの料金表

 

3-3.Docomo/ドコモ

出典:https://www.nttdocomo.co.jp

ドコモにもあった¥1,980〜の激安プラン!

ドコモの良いところは家族でギガ数をシェアすることができ、家族の合計ギガ数で請求料金が確定されることです。なぜ良いかと言うと毎月ギガ数を使いきれなくても、その分だけ固定の代金が請求されていましたが、使った分だけ請求なので自身で携帯電話の料金を調整することが可能なのです。

特に両親などは毎月多くのギガ数を使い切ることなく、高額な料金を請求されていたなんて人は多いのではないでしょうか?

そんな時は子供などが両親の使いきれなかった分を使用できるので、経済的にかなりお得なサイクルとなります。

※料金表

イッーキューッパの詳細はこちらをクリック!

その他にもドコモの学割は学生のみならず25歳以下を対象としているプラン!学生の頃はみんな御世話になりましたね。笑

ドコモの携帯を使用している方と、ドコモの学割に加入すれば月々“¥280”でスマホを持つことも可能です。詳しくは下記のバナーをクリックしてホームページをチェックしてみて下さいね!

 

3-4.まとめ

出典:https://plaza.rakuten.co.jp

結論どのプランを選ぶかは自身のライフスタイルに合わせるべし!

通勤や通学の際に動画やSNSをギガ数を気にしないでみたい方は「ソフトバンク」をおすすめします。

料金を節約したい、月によってスマホの使用量が異なる方なら「ドコモ」「au」にすることをおすすめします。

また3社共通して言えることは、家族で入ることで大幅に割引がされる。家族で加入しなくても自身でギガ数を使いすぎなければ格安スマホと同じくらいの料金で抑える事ができると言う事です。

 

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
@hisano

@hisano

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

-エンタメ

Copyright© カメラFUNにようこそ♬ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.